当初は2~3週間での納品という予定がずれ込んで2カ月後に戻ってきたThunderbirdのリアPUです。

IMG_4948_2017061413350738c.jpg 裏面を見ると、①コイルからのリード線2本が熱収縮チューブで延長されている。②PUカバーと裏蓋とが6カ所の半田付けで止められていたのが中ほどの2カ所のみになっている。


IMG_4952.jpg 側面では③裏蓋がPUカバーから1~2mm浮き上がっている。


 等が外部から見える元からの相違点となっていました。又、画像には無いのですがテスターでの直流抵抗値の測定では9.08kΩで、元の9.45kΩから幾分抵抗が減少していました。

 ショップにPUへの作業内容を確認すると、「コイルをポッティングして巻き線の固定、2個のコイル固定、カバーとコイルの固定接着」との事で、徹底した打音対策がなされたみたいです。

IMG_4956.jpg PUカバーと裏蓋の隙間や裏蓋の開口穴から覗いてみると、(画像からは分かりませんが)カバーとコイルの間に白のシール剤が挟まれているのが分かりました。このシール材の厚みで裏蓋が浮き上がっていたのです。(以前に私も同様にシール材での打音対策を行ったのですが、その際はシール材を薄く塗布したのであまり効果が得られなかったものと思われます。)


IMG_5005b.jpg 上記の相違点に何か手を加えたい気持ちもあったのですが、先ずはPUへのピックの打音がどうなったのかをチェックしたかったので、対策済のリアPUをESP Thunderbird Ⅳに取り付けしてシールドでアンプに接続しました。


 そして先ずは無対策のフロントPUのメタルカバーをピックで叩くとカバーとコイルの間に隙間があるのが手応えとして感じられて「コンッ」と聞こえるのですが、次に対策済のリアPUカバーを叩くとデッドな反応でした。さすがにアンプの音量を上げると小さく「コン」となるのですが、その時は弦の出音が大きくなっているのでマスキングされて気にはなりません。

 この度の対策は大正解でした。コイルを蝋でポッティングすると出音が変わってしまったという報告例があります。確かに緩く巻かれていたコイルが固まるとなると出音が変わる要因となるでしょうし、先に記したように直流抵抗値が対策後に若干減少しているのはポッティングの影響かもしれませんが、私としては打音対策前後で大きな出音(音量・音質)の変化は感じられなかったです。

 打音対策後のPUの音色変化を気にする以上に、ピンチヒッターでリアに取り付けていた別ブランドのPUよりも(当然ですが)ヴィンテージPU同士のミックス具合は良くて、ローからハイまでとても心地よい音色となっています。この音色はリプレースメントPUでは絶対に得られないものだと思います。

 そして以下が最も望んでいた効果なのですが、エフェクター嫌いな私はドライブした出音を強いピッキングで得ていたのをこれからはリアPU上でピックがPUカバーに当たるのを気にせずにガンガンとプレイできるようになっています!
IMG_4962.jpg ESPのThunderbird Ⅳモデルにヴィンテージピックアップ(以下PU)2個を取り付けています。これまで様々なPUを試してきたのですが、やはり本物のヴィンテージPUは他とは全くの別物で、太さと歯切れがミックスされた出音でとても気に入っているのですが、大きな難点がありました。


 それはピック弾きの際にPUのメタルカバーにピックが当たった際の打音です。アンプから結構な音量で「カチッ」と聞こえてきて、プレイに支障がある程です。

IMG_4234.jpg 所有するThunderbirdに取り付いているものを含めて、計5個のヴィンテージPUが手元にあるのですが、このESP Thunderbird Ⅳに取り付けたリアPUが一番大きな打音を発生するものでした。


IMG_4239.jpg ゴリゴリ音を出す為にリアPU上でピック弾きする私としては、この打音はどうしても解消しておきたかったので、何とかならないものか?と裏蓋を外してみました。以前68ノンリバのPUをチェックした際は、コイルとメタルのPUカバー間にシール材が挟まっていたのですが、こちらのPUには何も挟まれておらず、PUカバーにピックが当たった音はそのままPUから出力されて当然の如くの構造になっています。


IMG_4247.jpg 上記の68ノンリバのPUは私の手で打音対策を行ったのですが大きな改善は得られなかったので、今回は専門のショップに対策を依頼する事にして、その前にPUの直流抵抗値を測定しておくと9.45kΩでした。


 ショップでの打音対策結果は次回のエントリーにて・・・。
IMG_4820.jpg 5月20日(土曜日)、地元のライブハウスSUN MOON HALLのオーナーのトモさん(画像中央)の誕生日を祝うイベントが催されました。


 日頃からトモさんとお付き合いのある音楽仲間20組(60人!)が、1組3曲で17時から25時までの8時間(!)ステージをこなしました。以下に全ての出演者の画像を出演順にアップします。



IMG_4824.jpg          IMG_4825.jpg


IMG_4829.jpg          IMG_4833.jpg


IMG_4836.jpg          IMG_4838.jpg


IMG_4839.jpg          IMG_4841.jpg


IMG_4846_20170521211531c31.jpg          IMG_4852.jpg


IMG_4858_201705212116369eb.jpg          IMG_4854.jpg


IMG_4862.jpg          IMG_4866.jpg


IMG_4867.jpg          IMG_4918.jpg




ARGUS
IMG_4909_20170522190743bed.jpg


 イベント開始から6時間後の23時からのステージとなった私のバンドARGUSです。長い待ち時間でビールをしこたま飲んでの演奏でしたが、何とか3曲をこなしました(汗)



IMG_4934.jpg          IMG_4939_201705212117523c8.jpg




 夜が更けるにつれお客さんが増えて、24時頃がピークでした(汗)。

IMG_6497.jpg


 ホールに入りきれない方がエントランスのカウンター周りに常に十数人たむろしていたのですが、ここはここで旧知の方々と歓談ができて楽しかったです。



IMG_4942.jpg          IMG_4943_20170521211930253.jpg




 トモさん、誕生日おめでとうございます。凄い盛り上がりでしたね。7月と8月は私主催のライブでここを使わせていただきます。これからもよろしくお願いします。
IMG_4785.jpg いつものようにヤフオクをパトロールしていたら、こちらのピックアップフェンスに目が留まりました。商品画像は1枚だけで、商品説明も「フェンダーのジャズベース用のピックアップフェンスの中古です。年式は不明です。カラーはクロームです。」とだけでした。


 フェンスが置かれた(おそらくは)ベッドシーツの黄ばみが気になった程度で(笑)、「ふーん、詳細不明のただの中古か」と見過ごそうとした時に不鮮明な商品画像からでも取り付けビス穴の径が小さいのが分かり、「おっ、これはもしかして・・・?」と“お宝の予感”を覚えてポチリました。他の入札者はおらず、低いスタート価格のままでの落札でした。

IMG_4786.jpg 入手したフェンスを手持ちの2個のフェンスの間に置いて比較チェックしました。左はFenderのジャズベースの最初期の60~63年頃に付属されていたフェンス、右は60年代中期~現在までのフェンスです。取り付けビス穴の径で、左側2個は同じ年代のフェンスと分かります。細かく見比べても、この2個のサイズ、Rの形状、スチール材の厚み、メッキの質感等々は同じでした。


IMG_4787.jpg 61年製のジャズベースを所有してはいるのですが、入手した際には付属していなかったフェンスを長い間探し求め続けてきて、これまでにブリッジフェンスが2個とピックアップフェンスは1個ストックしてきたのですが、これで錆やメッキ具合のマッチングする2ペアとなって満足しています。


 ほんのたまにこんな“お宝”が出品されるので、日々のヤフオクやe-Bayのパトロールは欠かせません。ただし米国e-Bayではヴィンテージの市場が確立されており、ヴィンテージ・パーツも高い金額設定となっているものが多いので、今回のような国内のヤフオクで価値が分からない方(?)からの出品が狙い目なのかもしれません。

 長年のネット・パトロールの成果がこちらで、ヴィンテージ・ベース用フェンス類のストックです。私の所有するベース用にと収集したので、Fenderはジャズベース、プレシジョンベース、テレキャスターベース、そしてGibsonはサンダーバード、EB等用のフェンスのセットが多数あります。

IMG_4795.jpg


 ベースを入手した際に付属していたオリジナルのフェンスは上画像内で2セットだけで、それ以外は全て1本釣りしたものです。そしてほとんどが今回のような“目利き”でお安く入手できています。



IMG_4814.jpg 今回入手したジャズベース用フェンスの小さな穴に対応するビスは60~63年頃の同ベースのコントロールパネル用と同じく、鍋頭でビス径が小さな特殊なもので(左画像上側)、ピックガード取り付け用の皿ビス(左画像下側)とは異なっています。この鍋頭ビスは容易には入手できなくて、昨年e-Bayでエイジド加工されたリプレースメントパーツのビスを見つけて、一旦は送金したのですが出品者が発送せずに雲隠れしてしまい、保険で商品代金は返金されたものの、いまだに入手するに至っていません(汗)。
 例年の如く今年もゴールデンウィークの後半に上京しました。東京滞在中の一日を予定フリーにしておき、その日はblogでお付き合いのある方々にお会いしました。

 先ずは昼前からすわべさんOCQさんと楽器屋巡りを開始し、午後からはshinmei_tさんが合流するという流れでした。楽器屋巡りの詳細は同行したどなたかがblogにアップされるのを待つことにします(笑)。

 私としては現在欲しいなと思うベースが無いので、新品はスルーして中古アンプやパーツの出物をチェックしていました。と言いながらも渋谷のベースコレクションの圧巻のハイエンドベース群や、新大久保のハイパーギターズのヴィンテージベースには心を踊らされました。

 楽器屋巡りの最後は大久保のバーチーズでした。ここのベースの在庫は、ハイエンド~ヴィンテージ~国産~ヴィザールなど振れ幅がとても大きくて眺めるだけでとても楽しめました。専属リペアマンの齋藤さんの作業台上にどんな工具があるのかもしっかりとチェックしました。

 日頃は楽器屋の無い田舎に住んでいるので、年一の東京での楽器屋巡りで多くの情報を入手できて楽しめました。

 情報と言うと、楽器屋巡り後の飲み会で更に多くの情報収集ができました。バーチーズのオーナーの千葉さんも参加されての飲み会ではプレーヤー目線での話だけではなくて、楽器屋さんからのお話が聞けてとても濃い内容でした。

 最近は他のSNSに移行されているのか、ベースblogを継続されている方が少なくなりましたが、この日お会いした3人のベースブロガーはまだまだ大丈夫のようで安心しました(笑)。私もネタは減ったもののなんとか継続していこうと思っています。

 すわべさん、OCQさん、shinmei_tさん、そして千葉さん、この日のお付き合いをありがとうございました。楽しかったです。又、お会いしましょう。

IMG_4752.jpg 私の自分への東京土産はこちらです。弦とヴィンテージ風ワイヤーとピックです。散財せずに済んでいます(笑)。


P.S. 某楽器屋で初めての(らしき)ベースを購入しに母親と一緒に来店していた中学生(らしき)女子が店員さんに要望を伝えているシーンに遭遇しました。曰く、「予算は15万位で少しはオーバーしても大丈夫。アクティブでワーウィックみたいな音がして、5弦でも良い。」うーん、時代は変わりましたね。「おいおい、最初のベースは4弦のパッシブのエントリーモデルにしなさい!」と心の中で大声のアドバイスをしていた私です(笑)。
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム