IMG_5773.jpg 新たに入手したFostexのツィーターをヘッドアンプのMarkbass LMKと一緒にエフェクターボード上に組込み固定しました。この様にするとこのままエフェクターケースに入れて運搬が出来ます。


IMG_5778.jpg 組込みの際には、エフェクターケースの蓋がしまるように、一辺が12cmあったツィーターのホーン部を8cm角にカットしています。


IMG_5781.jpg 低域をカットしてツィーターに高音域のみを送るアッテネーターとレベルコントローラーも結線して、エフェクターボード上に固定しました。私の好みはほんの少し高音がプラスされれば良いので、レベルコントローラーはかなり絞っています。


 BAGENDのデフォルトのスピーカーはコアキシャルスピーカーと言ってウーファーとツィーターが同軸になっているタイプだったのですが、これを外してPeaveyの15インチウーファーを収めた際には元のアッテネーターも外していて、ウーファーにはフルレンジの信号が入力される様になっています。

 床置きしたスピーカーキャビネットの直前に立ってプレイする事が多い私の耳にベースラインが聞き取り易くする為に、ツィーターとウーファーの前には音を上向きに曲げるルーバーを張り付けています。黄色の派手な外観のツィーターもこうやって取付けてしまえば、メーカーのイメージカラーが黄色のMark bassのオプションパーツに思えてくるのは私だけでしょうか?(笑)

IMG_5789b.jpg


IMG_5792.jpg ヘッドアンプのMark bass LMKからの出力をロス無しでウーファーに送る為に、スピーカーケーブルをモンスターケーブルの極太線に替えています。この極太線ではいくらレスポンスの良いPeaveyのウーファーでもハイ落ちするので、そのカバーの為にもツィーターの必要性が出てくるのです。そしてその増設ツィーターへの配線はスッキリ目の特性を持つBelden9497(通称ウミヘビ)にしています。


 アンプの電源ケーブルは、医療器具用の高額なものを試した事もあるのですが、音がスッキリして私の望む出音とならなかったので、汎用品を使っています。

 トータルでいうと、ウーファーからは極太のローを増設ツィーターからはスッキリ目のハイを出力するベースアンプシステムとなっています。15インチウーファーなので、けっしてコンパクトなシステムとは言えないのですが、私がスタジオでのリハやちょっとしたライブハウスで使用するには必要最小限のシステムですね。バンドメンバーやライブでこれを使っていただいた他のベーシストからも好評を得ています。

IMG_6686.jpg 長い間選定に苦労してきたのですが、これでやっとの事、デッカイ音はAmpeg SVT-VR、持ち運びは今回のLMKとBAGENDのシステムと2セットのベースアンプが決まりました。音質的にはAmpeg SVT-VRはギンギン・ギトギトな汗&脂が飛び散るロックな出音、LMKとBAGENDは太くてキレがあるソウルフルな出音と使い分けしています。
スポンサーサイト
コメント
GTさん

こちらもライブがあったので、レスが遅くなりました。

Mini CMD121Pのツィーターはピエゾなので、私も好みではありません。
どうもキンキンし過ぎですから・・・。

その後に好みのツィーターが見つかったようで、良かったですね。
へッドのVLEを絞って、アッテネーター代わりにするのは、良いアイデアですね。

私はフルボリュームのツィーターは不要ですが、少しは必要なので、アッテネーターの接続は欠かせないのですが、アッテネーターが不要と感じられたのならそのままでも良いと思います。

殆どの方は高域が少ないと、EQのハイを上げてしまうのですが、元々のベースに含まれているハイをスピーカー側のツィーターでそのまま再生するというのが自然だと常々考えている私です。
大成功です!!
こんばんは!
先程、試奏してきました。
大成功です!!
あのスラッパー泣かせのアンペグで、音が抜けました!
素晴らしいです!
本当に、感謝!感激!大絶賛です!
有難うございました。
仮設ツイーターユニット!!
こんにちは!
仮ですが、外部ツイーター作りました。
ネットで、ジャンク物のキャビを探したのですが、手頃なのが見つかりませんでした。
しかし、ライブまで2週間しかありません。
そこで、所有するCMD121pのツイーターを取り外すことにしました。クロスオーバーも付いているものを流用です。(勿論、復元出来るようにしています)
ところが、取り外してツイーターだけならしてみると、音が貧弱でした。
これでは、爆音ロックバンドで埋もれてしまうと思い、近所の楽器屋に相談したところ、たまたまローランドのDB700用のツイーターが見つかりました。
そして、これを取り付けたところ、バッチリ!!
明日、早速、アンペグの8発に繋げて、確認してみます。

追伸 アッテネーターも購入しましたが、使用するヘッドアンプ(little markⅢ)のVLEを捻れば、ツイーターの音量調整が出来るので、要らないかもしれませんね。

それでは、また御報告いたします。
ジャンクのpeaveyが狙い目ですか。
アドバイス有難うございます。
早速、探してみます!
GTさん

危なかったですね(汗)
PA用はまだしも、オーディオ用と楽器用は全く別物と思ってください。
ジャンク品を探すのなら、Peaveyが狙い目ですよ。
今回のFostexのツィーターですし、アッテネーターが付いているものもあります。
だだし、動作確認はしてください。
御説明有難うございます
分かりやすく、御説明頂き、誠に有難うございます。
もう少しで、サウンドハウスに、オーディオ用ツイーターとアッテネーターを注文して、マークベースに直結するところでした(笑
クロスオーバーネットワークが必要なのですね。
自分のような素人は、ジャンクのベーアンからツイーターユニットを取り外すのが、一番無難だと分かりました。
早速探してみたいと思います。
また、アドバイスの方を宜しくお願いします。
GTさん

問い合わせコメントをありがとうございます。

Ampegのクラシックモデルの8発にはツィーターが付いてないですよね。
ハコの置きアンプという事で、高音の再生能力が落ちているのでしょうか?
私のスタジオに置いているAmpegはへたってはいないのですが、やはり高域の不足感があったので、ツィーターを追加しています。
http://fender1961.blog97.fc2.com/blog-entry-40.html

お問い合せのツイーターですが、ツィーターとクロスオーバーネットワークはセットで中古品を入手しています。
今回の黄色のツィーターはワーウィックから取り外しした物と推測します。
前述のAmpegは同じAmpegの210から外した物。
こちらは、メネシスから外した物です。
http://fender1961.blog97.fc2.com/blog-entry-371.html

ネットで検索しても通常で新品は見つからないので、メーカーから故障修理品として入手するか、ツィーターが付いているベースキャビを(お安く)入手してバラすかの方法となると思います。
オーディオ用は秋葉原などで手に入ると思いますが、楽器用はあるのでしょうか?

ツィーターの音量調整のアッテネーターはこちらで新品を入手出来ます。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=344%5ER80B%5E%5E

以上、的確にパーツが入手できる情報ではありませんが、お答えしました。

次のお問い合せですが、このパーツはクロスオーバーネットワークです。アンプからの出力の流れ順に説明します。

アンプからの出力は先ずクロスオーバーネットワークに入り、ここで高音域と低音域に分離されます。アンプからの出力を高音専用再生機であるツィーターにダイレクトに接続すると、1発でツィーターのコイルが焼けてしまいます。
高音域と低音域に分離する周波数はツィーターの性能と関係するので、ツィーターとクロスオーバーネットワークは同一メーカーでマッチングされたペアを入手するのが無難です。

因みに、通常のベースキャビネットの内部では低音域に分離された信号がウーファーをドライブさせているのですが、今回の私の接続方では15インチウーファーには、クロスオーバーネットワーク前の全音域の信号が入っています。15インチウーファーで全音域を鳴らして、足りない高域をツィーターで補足するというやり方が私の好みですので・・・。

クロスオーバーネットワークで分離された高音域は、次のツマミのあるアッテネーターでレベルコントロールを行います。上で紹介したアッテネーターは耐入力100Wのものですが、高音域のみの信号の音量調整なので、これまで私はアッテネーターを飛ばした事はありません。だだし、内部抵抗が溶けたアッテネーターを見た事もあるので、大音量で使う方はより耐入力の大きいものをチョイスしたのが良いかもです。

そして、そのレベルコントロールされた高音域の信号がツィーターを鳴らす事となります。

以上、ざっくりとですが、ツィーター関係の説明です。
パーツが入手できたら、配線等はアドバイスいたします。
アッテネーターの後ろの物体
連投して、済みません。
ツイーターとアッテネーターに関しては、自分で調べてある程度分かったのですが、アッテネーターの後ろの白及び青色の長方形の物体は何なのでしょうか?
電気に疎いもので、教えていただけませんでしょうか。
是非教えて下さい!
初めまして、こんばんは。
茨城でオリジナルバンドのベースのGTと申します。

実は以前から、良くこちらを拝見させていただいていました。
laklandの5弦ベースを買ったとき、markbassのcmd121を買った時等、物凄く参考になりました。

先日、little markⅢを購入して、ライブハウスのアンペグの8発のキャビに繋げたのですが、全く高域が聴こえませんでした。
2週間後に、そこで再びライブを行うのですが、ツイーターでも付けられないかと検索したら、ここへ辿り着きました。

いやー、いつも感心しておりますが、今回も素晴らしい出来栄えですね。
是非、参考にさせていただきたいのですが、使用した機材の詳細を教えていただけませんでしょうか?
オアシス地球さん

以前、同様な置きツィーターを作っていて、これはこれで良かったのですが、これも過大入力を掛けて飛ばしました。
http://fender1961.blog97.fc2.com/blog-entry-371.html
何故か、よくツィーターを飛ばす私です・・・(汗)

ツィーターには箱鳴りが必用無いので、上置きで十分です。
レベル・コントロールも上から行えれるので、便利です。
すわべさん

MARKBASSの純正品でMicro Mark専用の外付けツィーターを持っていたのですが、これはやはり小出力用で、大きなアンプに接続したら焼けてしまいました(汗)

秋葉原コイズミ無線には行った事がないのですが(笑)、自作オーディオのスピーカーの上には、こんな感じでツィーターが乗っかっていますね。そのスタイルを参考にしました。

当初はツィーターをアルミボックス内に収める事も考えたのですが、ボックスが大きくなるし、出力部なので電磁シールドの必要も無いので、この剥き出しスタイルになりました。

アンプとツィーターを共にエフェクターバックに入れて片手で運べるのは、とても便利です。
以前は4Uとかのラックケースにアンプを組込みして運んでいたのですが、もうそんな時代には戻れませんね。
私もフィルジョーンズのFlightcaseみたいな発想でいくのかと思ってましたが、
(向こうはツィーターじゃなくてスピーカーですが)これはちょっとコロンブスの卵的なアイデアですね!
別に無理に組み込まなくてもいいんだ・・ (^-^)/
これは確かにMARKBASS純正品っぽい(笑)

ネットワーク回路が剥き出しで配置されているあたりはマニアックな自作オーディオ的で、秋葉原コイズミ無線の店頭に有りそうな雰囲気も感じます。
まんじクン

飽きたら、いつでも元に戻せるというのが私のモディファイの基本ですから・・・(笑)
ツィーターはボックスの容量も関係ないですし・・・。
それに昨今のピエゾ・ツィーターからのハイはどうもキンキンし過ぎて苦手で、今回のホーンツィーターの方がより“人間的に”感じる私です。
ほんの少しのツィーターレベルですが、効果は絶大でした。
アンプの上って、てっきりキャビの上板に穴をあけて上向きにツイーターを埋め込み装着するんだと思ってました…
そのまま耳に高音を飛ばすイメージで…
置くだけなら外すのも容易でしたね!!
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム