久々の機材ネタです。と、言っても相変らずのAmpeg Baby bassですが・・・(汗)

 5月に上京した折、新大久保のThe 中古楽器屋の店頭ワゴンセールでベース用ペグも買っていました。

IMG_5410_20140706075844e85.jpg Ampeg Baby baseを入手した際は国産(GOTOH GB-1)のペグに替えられていたのですが、それは錆付いていて動きがとても渋いものでした。


IMG_5730.jpg これでは使えないなと入手後に交換しました。ただしそれはデフォルトのペグ(グローバーのオープンタイプ Gibson EB等で使用)のデザインに近付けるべく選定したペグで、ペグシャフトはGB-1のものを半ば強引に組付けしていたので、ここに来てペグの動きがこれまた渋くなっていたのでした。


 これは再び交換すべきだなと考えていたのですが、Fenderタイプの片側4連ペグの中古は多く見かけても、Baby base用の両側2対2のペグってあまり中古の出物がないのです。(あくまで中古パーツでのペグ交換を目論む私です・・・笑)

 そんな折、先日伺ったThe 中古楽器屋の店頭ワゴン上に“ペグどれでも1個500円”のカゴを見かけたものですから、そこにバラであった各種ペグから2対2の組合せになるGB-1を探し出しました。

IMG_6807.jpg そのペグをBaby baseに取付けしました。入手時には何故か前後逆向きに取付けしてあったのですが、今回はデフォルトと同じ向きにしました。

 交換後のペグの動きは、これまでで最良のスムーズなものとなり、ペグ4個で合計2,000円(税込)の買い物としては好結果となりました(笑)


 本当のところは、デフォルトと同じグローバーのペグを時間が掛かっても良いので探しだして取付けしたかったのですが、入手時は既にGB-1を取付ける為にネックヘッドのペグシャフト穴が拡大されていました。グローバーのペグが見つかっても、シャフト穴を埋め木して穴開けする必要があるので、しばらくは今回のGB-1でガマンします。
スポンサーサイト
コメント
オアシス地球さん

確かに、縁とかタイミングというものは存在しますね。
上京して2千円のパーツを入手した事の費用対効果は別の話ですけど・・・(笑)

エレベのパーツが流用出来るのは、このペグとコントロール回路のポット、コンデンサー、ジャックだけですね。(ジャック以外は交換しました)
後は全てBaby bass専用パーツで、他とは互換性がありません。
という訳で、薄鉄板をカットしてピックアップの振動版(ダイアフラム)を自作するという暴挙(?)に出ています。
その顛末は近々ご報告します。
なんか、自分だけのために用意されたとしか思えないチャンスと
いうものが人生には時々ありますが、まさにこれがそうですね(笑)

もともとエレベーのペグが使われてるのはなにかと便利ですね。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム