IMG_6274.jpg パーツを組み込んだボディーを正面から見ると、昨今の共鳴ボディーを持たないエレキアップライトベースと比べてとてもボリューム感に溢れているのですが、この大きさにはとてもメリットがあります。ウッドベース程では無いものの、ボディー側面をプレイヤーの胸に、そしてボディー下裏をプレイヤーの左足にあてがう事で、プレイ中にしっかりと固定出来ます。

 細身のボディーから延びたボディーレストでしか支えられない昨今のエレキアップライトベースを弾いた際は、プレイ中の安定感が希薄でプレイに集中出来ない事もありました。少し重ための総重量もこの安定感に寄与しています。


 真正面から見ると“どや顔”に見えるのですが、私が好きなのは少し横から見た佇まいです。FRPボディーの表面に成型された彫り込みに光が反射して、美しさを覚える程です。所謂“斜め45度 美人”ってところでしょうか?(笑)

IMG_6280.jpg            IMG_6328.jpg


 いよいよ次回のエントリーは、このBaby bassの“肝”の部分“ピックアップ”についてです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム