ピアノ講師3人が中心となるグループ“炎~生きろの会”(何だか新興宗教みたいですが・・・笑)の演奏会にバックを付けてきました。

 この会とはもうかれこれ十数年の付き合い(腐れ縁ともいいますが・・・汗)で、今回もひと月前にバックのオファーがあり、数回の練習をこなして2月11日(火)の本番を迎えました。

IMG_6002.jpg          IMG_6003.jpg


 会場となった地元にある芸術文化ホール【グラントワ】の多目的ホールの下手にはレンタルされたスタンウェイがドーンと座り、2台のキーボードが中央に、そしてバックバンドの“炎~生きろバンド”(そういうバンド名だったのね?)は上手に陣取りました。

IMG_5988.jpg この人とプレイするのがとても楽しいパーカッションの“イーボー”はカホーンを叩きシンバルでアクセントを付けます。彼のカホーンでのプレイは目を閉じればドラムセットの音が聞こえてくるようで、彼以上の上手いカホーン奏者を私は知りません。今回のステージでは“篠笛”も吹いたマルチプレイヤーでもあります。


IMG_5986.jpg ギターの“アキラさん”のワーキングスペースです。エレキとアコを使い分けして、今回演奏した様々なジャンルの曲を的確にサポートしていました。“アキラさん”も私が最も信頼するギタリストです。


IMG_5975.jpg そして私はベース1本のみを持ち込みました。曲によってはエレアコベースがマッチするとも思ったのですが、練習期間が少なかった為に一番弾き易いベースでストレスフリーでプレイすべく選んだのは、Fender 61JBです。手持ちベースの内で最も気に入った出音でかつ演奏し易いという事で、選択に悩む前に先ずはこのベースをチョイスしてしまいます。

 ベースアンプは現時点で最も気に入った出音となったセットです。アンプヘッドはMarkbass LMK、スピーカーキャビネットはPeaveyの15インチユニットを内蔵したBAGENDです。アンプ横には後置きのツィーターがありますが、これに関しては今後のblogで説明します。これをいつもの通り、チューナーのみを接続してアンプのEQはフルフラットというのが私のセッティングです。


IMG_6012_20140213184818174.jpg この日の【グラントワ】は、1500人収容の大ホールではオペラが、400人の小ホールでは別の音楽イベントが、午後のほぼ同時間帯で催されていました。こちらの多目的ホールは無料という事もあり客入りの予想がつかなかったのですが、蓋を開ければ追加の席を持ってきても立ち見があるほどに多くのお客さんにお出掛けいただきました。


 その満席になった会場での演奏をとても楽しめたメンバーです。細かなミス云々は省きますが(汗)、やはり何年もやって来て気心の知れた連中と音を出すって心地良いですね。

IMG_6094.jpg


IMG_6059.jpg 特にバックバンドの3人はなかなか一緒にプレイする機会が無いので、ここぞとばかりに互いの出す音を聴きながら本番でしか出来ないサウンドを築けたと思います。


 このバンドでの演奏は3年ぶりですが、今年の12月にも演奏会を行うことが決まっています。それまで楽しみながら待つことにします。
スポンサーサイト
コメント
たけさん

やはり、キーボードが多いと音の厚みが違いますね。
今回のライブは地元のケーブルTVで番組にされるのですが、ネット配信の予定は無いです。すみません。
おもしろそうな編成ですね!
youtubeのアップ見たいです!
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム