ネックには(にも?)手こずりました。入手時には指板が順反りを起こしていて、指板エンド部での弦高は2~3mmといったところで、弦を弾くと直ぐに指板に当たってしまう状態でした。

IMG_5402.jpg Babybassには、元来ネックアングル調整機能があり、これを使うと弦高調整が出来るのですが、入手したショップからは「ネックアングル調整機能はオミットされている」と聞かされていて、確かにネックとボディーの接合部は樹脂で接着されているようだったのですが、よく見ると樹脂が痩せて接合部に隙間があるのが分かりました。


 「あれっ?これはもしかしてボディーとネックが分離出来るのでは?」と考えて実行することにしました。とは言え、構造を全く知らないべースなので、先ずはボディーとネックを繋いでいるであろう、ボディー両サイドの穴から見えるピンを恐る恐る抜いてみました。アルミ製のピンはネジ止めではなくて、打込んであるようだったので、金属の棒を当てて金槌で叩き反対側に抜きました。

IMG_5406.jpg ピンを外すとネックはこの様にボディーからスポッと抜けて取外せました。


IMG_5405.jpg


 ボディーの開口部を覗くとアルミの角材がボディーの中心を背骨の様に貫いているのが分かります。アルミ角材の底には足を受ける丸穴も見えています。

IMG_5428.jpg          IMG_5426.jpg


IMG_5423.jpg ネックがアルミ角材に刺さっている部分です。左右幅は角材と同寸ですが、ネックアングルを調整する方向には少し薄くなっていて“動きしろ”があります。


IMG_5409.jpg この四角の金属プレートにボディー背面から挿し込んだレンチで回すネジが当たって、ネックアングルを調整する事になります。という事は「弦でネックが引っ張られる事でネックが固定される」となります。とてもアバウトな造りですね。ネックの角材部分も現在の木加工製品を見慣れた私の目にはとてもアバウトな造りに見えます。


 さて、これでネックの取外しが出来たので、これを再びボディーに組込すればネックアングル調整機能が復活するぞと思いきや、そうはうまく行かなかったのでした。続く・・・。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム