入手したAmpeg Baby bassの各パーツをチェックしつつ、手を加えた内容も説明します。

IMG_5411.jpg 先ずは上からという事で、ネックのヘッド部です。かなりヴィンテージ感溢れるヘッド部です。塗装剥げはありますが、木部のクラック等は見当たらず、しっかりとしています。


IMG_5410.jpg デフォルトのペグは駄目になったようで、国産のペグに交換されていますが、これも既に錆びが浮いていて、動きもとても渋かったので取替を考えました。デフォルトはGibson EBについているのと同じタイプのペグだったのですが、ヴィンテージパーツとしてこれを直ちに入手するのは難しくて、よくチェックしてみると国産のペグ交換の際にペグポストが通る穴が拡大されているようだったので、別のペグを探してみる事にしました。


IMG_5436.jpg そして見つけたペグが下画像の左です。右はそれまで付いていたペグとなります。新たなペグのプレートはGibson EB用とほぼ同じ形状で、取付けビス位置も似通っています。ツマミ部の足は長いですが・・・。


IMG_5437.jpg さて取替ようとして、ペグポストの太さを確認したら新たなペグの方が太い事に気が付きました。これでは既にペグポストが通る穴が拡大されているのに更なる拡大が必要となるので、ペグポストのみを旧と新とで組替えして対応しました。


 これまでペグつまみがポストの位置よりもヘッド先端の方に逆に取付いていたのも修正したので、見た目もスッキリとして収まっています。旧ペグの取付けビス穴は全て穴埋めをしました。

IMG_5729.jpg          IMG_5733.jpg


 ペグ交換後の操作はとても楽になりました。これまでは思い切り力を込めてギシギシという手応えを感じながらのチューニングだったのですが、スムースに微調整が出来るようになっています。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム