11月24日は、70年代のデビュー当時からの大ファンのボズ・スキャッグスの広島公演に出かけてきました。広島の知り合いからの「良い席がとれた」とのお誘いで出かけたのですが、前から2番目の特上席に座ってライブを楽しむ事が出来ました。下画像はウィキからのものですが、丁度こんなアングルで観れました。

BozSkaggs0449.jpg


 ボズのギターのカッティングで始まる“Jojo”からライブがスタートしました。その後、新アルバム「Memphis」からの数曲が続きました。

 ボズは顎の下に肉が付いた風貌になっていましたが、声の方はハイトーンも出て声量も充分にある様子です。歌いまわしがオリジナルと同様で、あまり変えていなかったのは、古くからのファンにとってはありがたい事です。西海岸のスタジオミュージシャンを集めたバックバンドの演奏もオリジナルのアレンジに忠実でした。2人のキーボーディストはどちらもギターを弾き、1人はサックスも吹くマルチプレイヤーで“原音再生”に貢献していました。さすがに“Lowdown”のバッキングのフルートはシンセでしたけど・・・。

 実は“生”ボズは初めてだったのですが、ボズって意外とギターを弾くのですね。ブルージーな曲ではサポートギタリストではなく、ボズのギターソロを聴く事ができました。足元のエフェクターボードでサウンドを切替えながらのプレイはとても69歳とは思えないほどに“ギタリスト”していました。

 ベーシストはリチャード・パターソンという方で、私は詳しくはなかったのですが後で調べると、デビッド・サンボーンやマイルスもサポートしていたようです。Moonの5弦ベースとエレクトリック・アップライトを曲によって使い分けていたのですが、そのプレイは「先ずはボーカルありき」といったもので、とても好感が持てました。“Lowdown”の1弦プルも心地良かったです。

 新曲を数曲披露した後は、「待っていました!」、ヒット曲のオンパレード(古い~汗)です。1曲目の“Jojo”や“Miss Sun”、“Lowdown”、“Lido Shuffle”等70年代にボズとTOTOが築き上げたサウンドは今聞いてもとても新鮮に感じられました。ただ無いものネダリになるのですが、やはりこれらの曲のオリジナルグルーヴはTOTOの亡きドラマー ジェフ・ポーカロでないと出せないのだなと感じたのも事実です。

 バラードの名曲も聴いた後の1回目のアンコールの2曲目は、もうこれを聴かなきゃ帰れない“We're All Alone”です。この曲だけはギターを肩から外して歌い始めたボズでした。私のカラオケでの十八番なので(笑)、You-Tubeでチェックしていてオリジナルレコーディング時よりも現在は4音下げて歌っているのは知っていたのですが、その通りの低い声での歌い始めは、高い声が出ないからというよりも年齢を積み重ねてきたボズの重さを感じさせるものでした。

 さて最後に以外だったのは、2回目のアンコールの2曲目に「じゃあ、もう1曲ブルースをやるよ」と言ってスタートしたのが、ブルースの名曲“Loan Me A Dime”だったことです。もっとボズのオリジナル曲を聴きたかったのに、外されたなぁ~(泣)と一瞬思ったのですが、曲が進むにつれ、これは凄いぞと感じてきました。ギターソロでは遅い3連からリズムをシャッフルに変えてグイグイと盛り上っていきます。“キメ”もビシッと揃い、とても壮大なブルースになったと感じたのは私だけではなかったと思います。曲中ではボズのギターソロもあり、「オレのルーツはここにあるのだよ」と言わんばかりの最後の演奏曲でした。

スポンサーサイト
コメント
pechokoriさん

ご無沙汰しております。
そうなのですね!調べると、アンソロジーで“Loan Me A Dime”を歌っていたのはボズだったのですね。
アンソロジーは聞いていたし、ブルースバンドで“Loan Me A Dime”をやっていたのですが、今回知りました(汗)。
この曲をやってみると分かるのですが、なかなかこうは盛り上げられないのですよ(泣)。
色々な意味でとても勉強になった、今回のボズのライブでした。
shinmei_tさん

リチャード・パターソン、そういえばBacchusの雑誌PRで見かけました。
マイルスの時の動画でも白のMoonを弾いているので、こちらが長いのかもしれませんね。
今回のボズのバンドリーダーと紹介されていました。
ハイトーンのコーラスもこなしていたので、やはり歌が歌える人は、ヴォーカルのバックも上手いのだなと感じました。
“Lone Me A Dame”、いいですねー!
中学生の頃、デュアン・オールマンのアンソロジーという2枚組のアルバムに入ってた曲で、最後がどんどん盛り上がっていくところに興奮していたことを思い出します。
いい公演だったみたいですね。リチャードパターソンはサンボーンで何ども見てますが、とてもグルーヴィーですよね。以前はバッカスを使ってましたが、今はmoonなんですね。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム