新たなベースの購入予定は無くて、ベース本体以外のblogネタばかりとなっている昨今ですが、今回も同様でケースについてのエントリーです。しかもThunderbird用のケースばかり7種類です・・・(汗)



① 68ノン・リバース オリジナルケース

IMG_4912_20131104201919c03.jpg          IMG_4916.jpg


 無理な力が加われば歪みそうなペランペランの外装と、毛足の短い黄色の内装が特徴です。内部のホールド性が悪くて、ケースの中でベースがゴトゴトと動くので、入手以来私は使っていません。



② 年代? リバース オリジナルケース

IMG_4917.jpg          IMG_4920.jpg


 ①の“使えない”ケースの代用を探していた際にヤフオクで入手したもので、製造年は定かでは無いのですが、後述する④の現行ケースになる前のでは?と推測します。

 これにはノンリバを入れているのですが、勿論この年代にはノンリバは製造されてなくてリバース用のケースです。しかし入手時に内装を見たらボディーエンド部のスポンジ下地のパットが、今回私が入れようとしたノンリバのアウトラインと同じ形状で潰れていたので、前のケースの持ち主はノンリバを入れていたのでは?と思います。最近再販されたノン・リバースの発売以前にこのケースを入手しているので、ノンリバが入っていたとしたら当然ヴィンテージになりますね。

IMG_4955_20131104220642872.jpg その潰れたパットのままに私のノンリバを入れるのは収まりに少々無理があったので、パットを外し、スポンジ下地とモコモコの赤い表地を剥がして、ノンリバのボディーエンド部の形状に作り変えました。①のケースよりも強度があるので、運搬時や保管時にはこれを使っています。




③ 77年建国記念 オリジナルケース

IMG_4930.jpg          IMG_4932.jpg


 76年に再販されたリバースモデルは米国の建国200周年にあたるので建国記念モデルと呼ばれているのですが、私のリバースモデルは76年のパーツで77年初頭に作られています。そのオリジナルケースですが、長年の使用で外皮にダメージが有り、黒いガムテープの補修箇所がベタベタするので、これも使用していません。



④ 現行リバース用ケース

IMG_4925.jpg          IMG_4926.jpg


IMG_4948.jpg ③のケースが使えないので、入手した現行のケースです。とても強度があり、内装もゴージャスです。キラキラのサテン地のインナーカバーをめくる際はいつもドキドキしてしまいます。「ちょっとだけよ」みたいな・・・(古っ)。ただし、とても重くて持運びは大変です。サイズ(長さ、幅、厚さ)も今回のケースの中で最大です。




⑤ Epiphone ケース

IMG_4935.jpg          IMG_4936.jpg


 Epiphone-Japanのリバースモデルを入手したので、保管用にと入手したケースです。ホールド性は良好です。私はこのケースを持出ししないのでよいのですが、トップとエンド側に皮の増し貼りのプロテクターが無いので、立て掛けるとここが傷つき易いのでは?と思います。



⑥ GIGBAG ギグバッグ

IMG_4939.jpg          IMG_4940.jpg


 その名もGIGBAG社製のThunderbird リバース用ギグバッグです。本皮風の外皮がとてもレトロな雰囲気を醸し出しています。ケースの外周がボディーラインをキッチリとなぞっているのですが、あまりにもキッチリ過ぎてファスナー開口寸法が狭くて、ベースを押し込むのに苦労します。更にクッション性が乏しい為に私はこれを使ってはいません。何故か2つも持っているのですが・・・(汗)



⑦ ギグバッグ

IMG_4943.jpg          IMG_4945.jpg


 何の変哲も無いフツーの廉価なリバース用のギグ・ケースなのですが、これってなかなか良いです。ウレタンスポンジも厚くてしっかりとサポートしてくれます。特筆すべきはこの3角形の底辺を下にして、壁に立てかけられる事です。(⑥のギグバッグは縦置きに出来ません。)廉価なだけあって外装生地にしっかり感は無くて持ち手も細い帯状なのですが、移動は車で行う私にとっては車への出し入れの時にしか持ち手に触らないので、これで充分ですね。さすがにヴィンテージはこれでは運べませんが、Epiphone-Japanにとっては必要充分です。



 現在4本のThunderbirdを“飼って”いるのですが、入手時に付属していたケースが気に入らずに新たに求めていたら、7種類で計8つのケースとなっていた、という事です(汗)。それにしても多過ぎますね。要処分&整理です。

 これと同様にFenderのケースもスペアがあるのですが、これはエントリーにアップする程ではないです。だって殆どがブラックの“いつもの”ケースですから。
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: ⑦ギグバッグについて
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
すわべさん

ご返答をありがとうございます。
エスカッションの形状がビンテージと同じなので、お聞きしました。
ビンテージのThunderbirdのPUは、後年の物や他メーカーの物と比べて、別格で良いものなので、いつも探しています。
ショッカーバードのPUは当時のオービルorグレコ用だと思われますが、正確な所は判らないです(汗)
配線材が日本製なので、Gibson製でない事は確実です。
オアシス地球さん

ケースだけを収集するつもりは無かったのですが、オリジナルのケースがダメなものはスペアを求めたり、逆にオリジナルのケースが無かったものはそれを求めたりしている内にいつのまにやらこの有り様です。
宅配便160サイズにはいつもお世話になりっぱなしです。

今回のThunderbird用ばかりではなくて、EB用もあります。
Fenderにいたっては、50年代のツイードこそ無いものの、60年初期のブラウントーレックス、ホワイトトーレックス、そしてブラックのケースは各種ロゴが年代毎に全て揃っています。
ざっと数えて、ベースの数の倍はケースがあります。ということは、ケースの数の半分は中が空っぽということです。
こんなに集めて、一体どうするつもりなのでしょうか?(汗)

確かに内装の赤色をそのままに写真で再現するのは難しいです。今回も色の補修を行っています。
shinmei_tさん

そうですね。先日までは2万円でした。又、値下げするのかもしれませんが・・・。

⑦の既製品の三角ケースにはリバースは余裕で入るのですが、ノンリバは無理でした。他の既製品でも無理っぽいですね。特注しかないかも?です。
Bi-Shopさん

ケースが壁に立て掛けられない不便さって、Thunderbird型のケースを持っている方でないと分かりませんよね。
ただでさえネックが弱いのに、壁の入り隅にしか立て掛ける場所が無くてとても心配だったので、今はThunderbird型のケースは使っていません。
立て掛けられるという点に関しては、三角ケース良いですよ。
すわべさん

ショッカーバード、blogで拝見しました。格好良いですね。PUはどこのが付いているのでしょうか?

私のエピフォンのケースに建国記念を入れてみたのですが、ご指摘通りに建国記念が1cm程長くて入らなかったです。知らなかったです。

オーダー品の情報もありがとうございます。やはり私が行ったような既製品の内装替えが手っとり早くて安上がりのようですね。
うわ~、ケースだけでも色々とお金かけてるんですねえ。
ヤフオク探すと安くてよいのが見つかったりしますが、当然ながら
中身が入ってないのに宅急便160サイズの送料がかかるのが気に入りません(笑)

それとケース内部の赤い表地は写真に撮りにくくないですか?
ヤフオクのハードケースは、前は2万だったのに急に値段が上がりましたね。いずれにせよ、ハードは置く場所がないので、ギズケースを買いたいのですが、合うサイズがあるのか?っていう疑問でして。やっぱりノンリバをリバースしても入らないんですね。特注するかなぁ…。
>この3角形の底辺を下にして、壁に立てかけられる事です
これって結構ありがたいですよね。
うちはThunderbird型の厚手のソフトケースなので出先で困ります。
ウチのショッカーバード(リバースでボルトオン。ネックは80年代のシェクター製か?とあるクラフトマンが駆け出し時代に作った習作らしい)
ハードケースはエピフォンの物を用意しています。
コピー品はもちろん本家Gibson製も収まらない事が有ると言うエピフォンの落し込みケースですが、意外にもこの出所不明の物がアッサリ収まっています。
F-nieさん所有の物と同等品だと思うのですが、内装の色が違います。
私の物はボディが収まる所と小物入れの部分だけが淡い紫色で、残りが銀灰色となっています・・・何でだろう?

入手時に付属して来た汎用のソフトケース(ウェッジシェイプ)には、裏返さないと収まりませんでした。
普段使いには、RITTERのサンダーバード用を使用していますが、バランスが悪く持ち歩きにくい&立て掛ける事も出来ないので困ります(苦笑)

オーダー製作だと、むしろハードケースの方が安上がりみたいですね。
(外装は流用で、内装だけ変えて対応出来るようです)
ソフトケースだと縫製までの手間(型紙製作等)が結構かかるそうで。

shinmei_tさん>
参考までにソフトケースのオーダー製作を受けてくれる会社のURLを入れておきます。
すでにラインナップされているタイプのヘッド側を延長したいと言うようなセミオーダーも受けてくれるようです。
shinmei_tさん

Thunderbirdは長いのでFender用のケースには入らなくて、更にノンリバとなると専用ケースでしか無理だと思います。
ヤフオクでフライトケースが出ているのですが、保管にはこれが良いかもですね。
但し、お高いです。
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d140695960

ヘッド先端からボディーエンドまでの長さを測ったらノンリバの方が1cm長いので、リバース用でサイズにゆとりがあれば大丈夫かな?と考えて、⑦のギグバッグにノンリバをリバースにして入れようとしたのですが、やはり1cm足りなくて入らなかったです。

お互いのノンリバはネックにクラック無しの貴重な固体ですので、大切に扱って行きましょう。
私のノンリバ、ケースがないんですよ。なので羨ましいですね。あとソフトケースもないので、持ち運びするときはヘッドが飛び出てしまうというw。何かオススメがあれば、教えてください!
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム