全くの私見なのですが、ベース本体では無くて、ベースに取付けられているパーツのデザインで「これは好きだ!」と思わせるものが2つあります。



IMG_4874.jpg 先ずはヴィンテージのFenderのネックヘッドに付いている(同タイプはThunderbirdにも付いています)クルーソンのペグです。ベースプレート上の(機能的には不要と思われる)2ヶ所の出っ張りや優雅さを感じるペグプレートのデザインは、元々クラシックの楽器に取付けられていて、機能と美しさを磨かれてきた“長い歴史”を感じざるを得ません。




IMG_4879.jpg そしてもう1つはこちらです。普段ではあまり見かける事の無いこのパーツは、ヴィンテージのGibson Thunderbird専用のテールピースです。実はこのテールピースは最近入手したもので、本物のヴィンテージパーツです。


IMG_4901.jpg 以前にエピフォン・ジャパンのリバースモデルをヴィンテージっぽく改造する為にリプロダクト品を入手したことがあったのですが、この度入手したテールピースはe-Bayでもほとんど出品された事の無いオリジナル物なのです。


 これはある時にふと覗いたe-Bayに出品されていました。ただし商品説明はGibson EB用のテールピースとなっていて、Thunderbird用か否か不安があったのですが、商品画像をチェックして“本物”と確信して入札に臨みました。その結果は、(あいまいな商品説明のお陰で・・・)他の入札者は無く、出品時の価格で無事に落札出来ました。実を言うと先に入手したリプロダクト品よりもお安かったです(笑)

 さてこのテールピースのデザインのどこが好きなの?という事なのですが、先ずは前出の真上からの画像からは、ただの金属製のバーに見えるのですが、画像でいうと両サイドの下角が絶妙なアールで面取りされています。

IMG_4881.jpg そして、一番好きな角度がこちらです。真横から見ると、“勾玉”の様な優美な曲線が見えてきます。右下側の“えぐれ”は弦のポールピースを引っ掛ける為なのですが、美しいアールですね。機能美という言葉があるのですが、機能よりも美しさが勝っていると感じてしまいます。


 真上からの投影面積に比べると、ボディーとの接触部の面積が少ないのは弦振動をボディーに伝えるパーツとして何らかの“意図”があるように思います。取付ビスが3本と少ないのも“確信犯”的な意味がありそうです。「接触面は少なくして、軽量なストップテールピースが受けた弦振動をブリッジで色付けする事無くそのままボディーに伝える」みたいな・・・?

IMG_4883.jpg          IMG_4886.jpg


IMG_4907.jpg 同じGibsonの他のベースやギターにはこのテールピースと同じデザインのものは無く、60年代のThunderbird専用のパーツとなります。ThunderbirdとギターのFirebirdは60年代初期にカーデザイナーによってデザインが起こされているのですが、このパーツも同時にデザインされたのでしょうか?




IMG_4911.jpg 代わって、こちらはGrecoのThunderbirdモデル用のテールピースなのですが、これは全くもって機能のみの無骨なデザインです。なにかの時の用にと入手したのですが、あまりの無骨さに、錆び落しをする気持ちにもなれず、部品箱入りしています。




 美しさを感じるデザインのテールピースというとAlembicが思い出されますが、こちらはテールピースがデザインを主張し過ぎていて、Alembicにしか似合わないですね。もちろんこのデザインが嫌いな訳ではなくて、BMW車のフロントグリルの“盾”のようにアイコンになっているのは認めていますけど・・・。

IMG_4908.jpg          IMG_4909.jpg




 今回のGibsonのテールピースは一見大人し目なのに、実はしっかりと作りこまれたデザインとなっているのが、私が気に入っているポイントです。



IMG_4912.jpg 先日迄e-Bayで、同じ様にGibson EB用として出品されていたテールピースがあったのですが(落札者無し)、これはGibson用じゃなくて、先ほどと同じくGrecoのパーツですね。このような商品もあるので、“目利き”は大切です。
スポンサーサイト
コメント
shinmei_tさん

現代のパソコンでCADを使って設計したパーツと比べて、古き良き時代に製図板に向かって鉛筆で手描きしたデザインには、何か血が通っている様な気がします。

eBayのパーツチェックは楽しいですよね。
以前Thunderbirdのブリッジカバーとして入手したものには、メッキが施されていなかったりと、毎回勉強させられています。

shinmei_tさんの“パーツ愛”、是非とも語ってみてください。
パーツ愛w。刺さるポイントはなんとなく同じに感じますね。しかしebayのパーツは見てるだけで、結構な時間が経ちますよね。私もよく覗いてます。でもサンダーバードものはあんまり出ないし、間違いも多いですよね。確かに目利きは必要です。私もパーツ愛を語ってみようかなw。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム