IMG_4861.jpg これで何回目かの不調となったAmpegの真空管ヘッドのSVT-VRです。保管しているスタジオから自宅に持ち帰って中身を出して目視でチェックしたのですが悪いところは見あたらず、やむなくこれまで2度のチェックをお願いしているショップに再び送り出しました。


 1度目は2ヶ月間ほど預けたのですがその間は不調とならずに帰っていて、2度目はパワー部の前段のプリ管を3本交換したのでした。今回も長期の入院を覚悟していたのですが、ショップに届いたであろう日から2日後に「修理が終わりました」と電話が掛ってきたのでした。「早いなー」と思いながら修理の説明を聞いたのですが、その内容はアンプが戻ってきた際に添付されていた“修理完了報告書”を見ながら説明します。



IMG_4846.jpg 先ずは修理箇所ですが、「プリ管ソケット、Power Amp Inジャックの接触不良によりノイズが出ていましたので、ソケットとジャックを交換しました。」とあります。


 ふーむ、なるほど・・・。これは不良箇所が特定されたという事ですね。プリ管ソケットの不良ならば、そこに足が挿し込まれている真空管の熱の影響で、アンプ使用開始から何分か後に不調となる事は考えられます。Power Amp Inジャックの不良ならば、音が途絶える事もあり得ます。

IMG_4851.jpg これまでのチェックでは、ここまで辿り着けずに、真空管の交換を行ったらそれまで接触不良だったソケットが一時的に回復していたのでしょうね。それにしても同封されていた“不良”パーツ2点は私の目視では何ら問題が無いように見えるので、これを原因として突き止められたショップの方には「さすがプロ!」と言いたいです。




 そして、“修理完了報告書”にもう一つ書かれていた事は、「※パワーアンプ基板がカビ?の様なもので汚れていましたので清掃しました。保管されている環境は湿気の問題などありませんでしょうか?接触不良の原因となりますのでご注意下さい。」です。

 私の練習スタジオは湿気とは無縁の筈なのですが、よく考えると造りが工事現場用の事務所等に使うコンテナハウスなので外気温の影響をモロに受けてしまうのです。これまでの夏場の練習の際は2台のエアコンをフル回転して室温を下げていましたし、これからの寒い冬場は風が入ってこないだけで使っていない時の室温は室外と同程度に冷え込みます。

 その冷え切った部屋に入って暖房を入れると、特に鉄部に結露が発生するのです。それも大きい鉄の塊に顕著に発生するのです。これまで、スピーカーキャビネット内部のスピーカーマグネットがびしょびしょに濡れていたのを確認しています。という事は、同じ様な鉄の塊であるアンプ内のトランスも外から見え難いだけで、同様に結露が発生している可能性があります。

 その際にこのアンプに火を灯したら暖まった真空管で結露は蒸発するでしょうが、別なアンプを使用したらトランスは濡れっぱなしとなる可能性があります。そしてスタジオを使っていない日常でも、夜間に冷えた室内が朝日で暖まり結露が発生する事も充分に考えられます。

IMG_4864.jpg これからは寒くなるのでこの結露発生を防ぐ策として、アンプが温度差の影響を受けないようにカバーを掛ける事にしました。このカバーは以前知り合いの内装屋にオーダーして車のシート地で作っていただいたもので、裏側には1cm厚のスポンジが貼ってあります。これを掛けて、今後の状況次第では更に毛布等を追加しようと考えています。


 やはり楽器とは言え、人様が居心地良いと感じるのと同じ環境に置いてあげるべきなのですね。



IMG_4858.jpg そしてこの報告書をもって、このAmpeg SVT-VRの修理は今後無し!、となれば良いのですが・・・。
スポンサーサイト
コメント
Bi-Shopさん

やっとの事、不調の原因に辿り着いた感がします。
Bi-ShopさんのAmpegも信頼出来るショップでチェックしてもらう事をお勧めします。

楽器って機械のようで、自分の分身でもあるように感じます。
寒いところに置いておくのは何か可哀そうに思います。
私の所から比べると、 Bi-Shopさん住む北の国のこれからの冬場は大変でしょうね。
これで安定してくれると良いですね!
うちの練習場も週に2バンドが各2時間程使う以外は冬は暖房が入らないので極寒です。
公民館の音楽室とはいえ、窓は特に防音用だったり二重だったりしないので寒さは直でアンプを襲っているんでしょうねぇ…
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム