ネットでThunderbirdを検索していたら、Mr.Thunderbirdこと元THE YELLOW MONKEYのベーシスト廣瀬“Heesay”洋一氏がThunderbirdを弾く動画にヒットしました。それは廣瀬氏が何本かのリバースとノン・リバースをAmpeg、それもSVT-VRで鳴らすというとても興味深いものでした。

 リバース


 ノン・リバース


 音には好みがあるので、個々のベースについてのコメントはしませんが、やはり2つの動画で最初に弾くヴィンテージのThunderbirdの出音は他と別物の感があります。ドライブ感、音の沈み、レスポンス共に良くて、プレイ中の広瀬氏の心地良さが伝わります。

IMG_4604.jpg という事で、私もいたたまれなくなって私のThunderbirdをスタジオに持ち込んで弾いてみました。


IMG_4645.jpg 動画と同じアンプのAmpeg SVT-VRのEQツマミは動画を止めて確認した3バンド共に少しブースト気味の2~3時の位置です。プラグはノーマルインプットに刺さっています。ハイとローのブーストスイッチはオフのようです。


 これでノンリバ(本物)とリバース(エピフォン・ジャパン)を弾くと・・・。「うーん、心地良い」(笑)。プレイの上手い下手を差し引いても(汗)、心地良さは充分に感じられます。3バンドのEQがブーストされているので、かなり“ギンギン”な出音となっているのですが、ピックで“ガリガリ”とやるとより気持ち良さがアップします。



 廣瀬氏が動画で「アンプでは歪ませないで、歪が欲しい時はエフェクターで作る」と語っているのですが、私も同感です。というか1ヴォリュームのSVT-VRで歪を得るには音量をかなり上げる必要があり、狭いスタジオ内でアンプのみで歪を得るのは無理なのです。そんな状況下でもFenderのシングルコイルPUよりも出力の大きいThunderbirdのPUのお陰で程好いドライブ感が得られて心地良く感じるのです。

IMG_4647.jpg そして、私のいつものセッティングはこちらです。インプットは同じくノーマルで、EQはThunderbirdのPU特性に合わせて、ハイをブーストしてローをカットしています。これで、上記の廣瀬氏のセッティングと比べるとおとなしめではあるものの、ローの押出し感は十分です。


IMG_4613.jpg リバース(エピフォン・ジャパン)をノンリバ(本物)と比べるのは少し役不足とも思ったのですが、出音の方はなかなかのものでした。入手以来、色々とイジってきたのですが別に持っているリバースの建国記念よりも好みの出音となるThunderbirdに仕上がってきました。そのリバース(エピフォン・ジャパン)の仕上がり具合については今度エントリーを上げたいと考えています。


IMG_4628.jpg 追記:半年前に修理から帰って、その後は問題無しだったAmpeg SVT-VRですが、今回のチェック中に再びガサガサ音がしてきて音が途絶えるという状態になりました。なかなか手を煩わせますね、この子は・・・(汗)近々分解してチェックします。Blogネタには良いですね(笑)
スポンサーサイト
コメント
Bi-Shopさん

ほんとに違いますよね。でもこれは全部Thunderbirdなのです(笑)
ヴィンテージの二本の出音はやはり別格ですね。
同じGibsonでも現行ではこの音が出ないというのは、Fenderも同じです。
当時(60年代前半)のアメリカには何か“マジック”があるのでしょうか?

ウチのAmpegはリペアショップから戻って半年経ったら悪くなるというのが2回繰り替えされています。
ここいらでピシッと直しておきたいです。
マチャさん

良い音でしょ。
これを聞いたらFenderの音が軽く聞こえてきます。
最近、こればかり弾いているので、大分慣れてきました。

単体のベースの動画は数多くありますが、この様な比較動画はあまり無いですよね。
メーカーサイドでは出来ないでしょうから、今回の様に楽器店主体でドンドンやっていただけたら良いですね。
勿論、弾くのは店員さんじゃなくて、プロの方に・・・。
オアシス地球さん

同じ年のベースって憧れますね。
私の場合、極端に機種が限られるのですが・・・(汗)

しゃべりも含めてプロですね。
“Thunderbird愛”もしゃべりからしっかりと感じられます。
これは嬉しい動画ですね!!!
あぁ…こうやって聞いても現行との違い分かりますねぇ…いいなぁ…深みのある音‥

そしてAmpegの分解も楽しみにしています。
うちの子もそろそろなんとかしなきゃ……なので……
良さがわかりました。好きな音です。ハマるのがわかるな~。でも、弾き辛さや取り扱いに気を遣うのがマイナスでしょうか。どうもギブソンってぶつけてネックが折れるイメージしかないもんで。
ヴィンテージと現行モデル~廉価版まで弾き比べは面白いですね。Fenderとかでもやってくれないかなと思いますね。
ベースもご本人も50歳!!
しゃべりのうまい人なんですね。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム