入手したGibson 65EB-3について長々と語ってきましたが、やっと最終項です。手放した70年のEB-3との違いを説明する事が多かったのですが、何故70年を手放して65年を入手したの?という問い(問われてはいないのですが・・・汗)にお答えすると、単純な事です。この65年モデルはCREAMのジャック・ブルースの弾く62年モデルに年式が近いからです(笑)。

Jack_Bruce_Hollywood_Palladium_West_Bruce_and_Laing.jpg


 ジャック・ブルースを聞いて、この道に入った私としては彼(勝手に師匠と思っています)の弾くベースに興味が沸いたのは当然の事です。卵から孵った雛が初めて見た動物を“親”として慕うのに似て、ベース=Gibson EB-3と“刷り込まれた”のです。もっとも私は、その後に聞いたレッド・ツェッペリンのジョン・ポール・ジョーンズでベース=Fender Jazz Bassに変ってしまったのですが・・・(汗)。

 ともあれ、EBならば62年のEB-3との思いが有りつつも、実際に入手してきたのは62EB-0、69EB-0、70EB-3とどこか“外れている”ものばかりだったので、前オーナーのべーさんからの「買いませんか?」のお誘いが62年に近い65年モデルだった事もあり、(値段も含めて)お断りする理由が見つからなかったというのが実情です。

 FenderのJBやPBの62年はスラブ指板の特徴を持ち、音も格段に良いとの“都市伝説”があり、とても高額な売買価格になっていますが、ことEB-3の62年辺りが同様に高額なのは、音云々というよりも“ジャック・ブルース神話”の影響の方が強いと考えています。

IMG_4105_20130827202826548.jpg


IMG_4167.jpg ショップに依頼したネック調整、ブリッジ部のリセッティング、全てのパーツの磨き等々を終了して、半年前の入手時とは比較出来ない程に良い状態となった65EB-3です。この先、私がこの65EB-3を実際にバンドでプレイする事があるか?は分からないのですが、私の“青春の思い出”として(笑)、ずっと大事に保存していく事は間違いないですね。


 この度の一連のエントリーで“出音”に関してのものが少なかったのですが(汗)、それは仕方ない事です。やはりFenderのJBやPB、同じGibsonならばThunderbird等のロングスケールのベースと比べるとショートスケールのEBはローの出が物足りなく感じてしまって・・・。でも良いのです。元々“刷り込まれて”好きになったベースなので、ギタースタンドに立てかけてあるのを眺めているだけで一杯飲めますから・・・(笑)。
スポンサーサイト
コメント
べーさん

良いベースを譲っていただき、ありがとうございました。
1月の広島ベース会で弾いて以来、気になっていました。
入手時には何点かの気になるところがあったのですが、全てクリアーして、その時よりも2倍良くなっています(笑)
機会があれば、チェックしてみてください。
ずっと大事に保存します。
F-nieさんの思い出話がたっぷり聞けて良かったです(笑)
憧れはいつになっても持ち続けますよね!!
本当にこのベースがF-nieさんに嫁いで良かったと思いました!!
オアシス地球さん

確かに今のEBのリイッシュベースを同じ撮影条件下で写真にしてもこの感じは出ないと思います。
磨かれて綺麗になった塗装表面に反射する外の光と共に、内に秘めたる48年の歴史が透けて見えるようです。

やはりベース人生を長く(?)歩まれた方はジャック・ブルースを通過しておられますね。

オアシス地球さんも今は入手された65JBで毎晩飲まれている事と推測します(笑)
shinmei_tさん

ネタ不足なので、たっぷりと“思い入れ”を語ってしまいました(笑)
咋年“思い入れ”たっぷりのノンリバを入手しているので、昨今は欲しいベースが無くなってきた私です。
すわべさん

おっ、ここにもジャック・ブルースに道を開かれた方が・・・(笑)
その後も見事に爆音街道まっしぐらですね。
私のベース改造歴はティム・ボガートの様にナチュラルのPBにリアPUを取付けた事からスタートしました。
硬いポリウレタン塗装とアッシュボディーを指にマメを作りながら彫刻刀で彫ったのを思い出します。
後年、それはリアPUではなくてフィンガーレストだったのを知るのですが・・・(汗)
しかしやっぱり写真から放たれるオーラが違いますね。

私も初めて買った洋楽ロックのレコードが「LIVE CREAM VO.Ⅱ」でした。

楽器を酒の肴にする、というのはもうひとつの楽しみ方として外せませんね(笑)
思い入れが伝わってきて、良いシリーズでした!
ジャック・ブルースは私にとって神様です。

楽曲からベースの音が聴き取れずにいた中学1年生の時、初めて聴き取れたベース音こそがLIVE CREAM VOLUME2の「Deserted Cities Of The Heart」でした。
(確かFM放送をエアチェックした物で、Crossroadsもこの時初めて聴いた)
無論、ベース音が聴き取れた事と耳コピーが出来る事がイコールではない事にも気付かされた訳ですが(笑)
その意味で、私にベーシストとしての一歩目を示してくれた、まさに神様です。
そしてティム・ボガートを師と仰ぎ、川上シゲを兄ィと慕い禁断の爆音世界に行ってしまうのですが(笑)

ちなみに初めて生演奏を見たベーシストは元BOWWOWのキンサンこと佐野賢二氏でした。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム