ヘッドに付いているペグについてです。65年のグローバー製のオープンバックのペグが70年ではシャーラーの軽量ペグに替わっています。

 65EB-3
IMG_4114.jpg          IMG_4123.jpg


 70EB-3
70eb (4)          70eb (8)


 話が逸れますが、この年代の間の67~69年頃には別なペグも存在します。このビザール感たっぷりのペグプレートの裏には“Japan”の刻印があります。

IMG_4502.jpg          IMG_4493.jpg


DSCF3563_201309291445288c1.jpg 現代でこそ国産のGOTOHのハードウェアーが世界中の多くのギターメーカーで使用されていますが、60年代ではこのペグと、Fender 68Telecasterbassに使われていたNisseiのコンデンサーくらいしか、日本製のパーツが海外のギターメーカーで使われていた例を私は知りません。


 デザイン的にはグローバー製のペグが好みの私です。そのペグの重みによる“ヘッド下がり”が気になるところですが、同じペグを持つEB-0と比べると、リアのPUやコントロールパーツの追加のお陰か、65EB-3の方が重量バランスは良くて、“ヘッド下がり”で演奏性が損なわれる程ではありません。

 そしてこれまで色んなベースに触れてきて思うのですが、ペグはあまり軽過ぎなくて適度に重量がある方がコンプ感や低域の沈み感が増して、弾いていて心地良いですね。
スポンサーサイト
コメント
すわべさん

エレキング、いましたね。2本の角がペグみたいにクルクル回っていました。
顔は宇宙人系のバルタン星人、メフィラス星人、ゼットン、ダダとかに似ているかな?と思ったのですが、画像検索するとそうでもなかったです(汗)

ギターのエレキング、感電しそうですね(笑)
山口にはスーパーエレキングという“しびれる(古っ)”ロックバンドがあります。
>このヘッドの様な顔の怪獣っていなかったですか

即思い付いたのはエレキングですが、顔じゃなくて角がペグっぽいと言う感じです。

そう言えば、CASIOから出ていたカセットテープレコーダー(あれ?録音可能だっけ?)の付いたエレキギターが「エレキング」と言う商品名でした(笑)
これもある意味ビザール物です。
オアシス地球さん

この当時のメロディーメーカーもこのペグでしたね。
EB-0にはチープ具合がマッチしていますが、高級機種(?)のEB-3には似合わなそうです。
テレベのNisseiはあまり個性の無い普通のコンデンサーでした。
この個性の無さ(悪いクセも無い)は、ある意味日本の製品の特徴でしょうか?
今は別の(クセのある)コンデンサーを取付けています。
すわべさん

このべグが付くととたんにGibsonがチープな楽器に見えてきますね。
70年代のGrecoのEBに確かに付いていました。
ヘッド裏の佇まいはまんまGrecoのEBですね(笑)
裏蓋を外すと「えっ?」と思うほどにオモチャの部品っぽいギヤが出てきます。
ところで、このヘッドの様な顔の怪獣っていなかったですか?ウルトラマンかどこかで・・・?
どんなペグでもそれなりに似合ってしまうのは2:2の配置だからでしょうか。
フェンダータイプだとたちまちチャチくなりますね(笑)

「ビザール感たっぷり」のやつはGibsonに付いてるだけで
見方が変りますね。
Nisseiのコンデンサーというのもちょっと探してみたくなるから不思議です(笑)
>このビザール感たっぷりのペグ

初めて手にしたパチモンJBのペグがこれでした。
(ツマミ部分が鋳物で、ポストはスロット型でしたが)

70年代のビザール物にも良く使われていましたし、GRECOのVBやEBもこれでした。
GOTOH辺りがこの格好(出来れば互換性の有る寸法)で高精度なペグを作ってくれたらかなり売れるんじゃないかな?と結構本気で思っています。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム