IMG_3795.jpg 気に入った出音のPeavey Blue marvelを収めるキャビネットを検討しました。左のBAGEND S-15XDと、右のMarkbass MINI CMD151PにPeaveyの をインストールして出音をチェックしました。


 両キャビネットの内部容量は同等なので、キャビ本体による音の違いはそれほど感じられなかったのですが、ポイントはツイーターの有無です。MINI CMD151Pにはツイーターが別付けされているのですが、BAGEND S-15XDのデフォルトのスピーカーにはウーファーに同軸ツイーターが取り付いているのので、キャビには別付けのツイーターはありません。

 メインスピーカーと決めたPeavey Blue marvelの出音をチェックすると、低域から高域までが満遍なくかつ繋がり良く放出されていて、ツイーターの必要性を感じなかったです。これってかなりポイントの高い評価となります。ある音域から上で急にツイーターがしゃしゃり出てくるキャビネットが多々ありますので・・・(というか殆どがそう)。

IMG_3801.jpg 別付けのツイーターで高域を補足する必要がないのならば、ツイーターが付いている事が見た目にも邪魔になってしまうという事で、キャビネットはツイーターレスのBAGEND S-15XDのボックスに決定して、そこにPeavey Blue marvelをインストールしました。
 
スポンサーサイト
コメント
たけさん

Peavey、戦力となる伏兵に今まで気が付かなかった感がします。
そういえば以前、AmpegとPeaveyの8発の“冷蔵庫”を比べた事があったのですが、Peaveyの方が低域も高域も出具合が良くて好結果でした。

RCF、もの凄く期待したのですが、今回のキャビとはマッチングが悪かったです。
スピーカー単体で数万円するので、買うことにならなくて良かったです・・・(汗)。
ピービーよさげですね。RCFも気になるところです!
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム