7月14日(日)は山口県内最大のジャズのイベント“第9回 ジャズフェスタやまぐち”にラテンジャズバンドの熱狂楽団 TAPASCON (総勢16名)が出演しました。

熱狂楽団 TAPASCON

IMG_3647.jpg


 このイベントは、山口市内にある老舗のジャズスポット“ポルシェ”に関わるジャズミュージシャンが一年に一度、一堂に会してライヴを行うもので、今年で9回目となります。

IMG_3683.jpg


 そして我ら熱狂楽団 TAPASCONはこのイベントの「盛り上げ隊」となって、今回で4度目の出演となります。4回目ともなると客席の中のあちこちに顔馴染みのお方を見つける事が出来て、セッティング中からリラックスモードとなったTAPASCONのメンバーでした。

IMG_3660.jpg


 150人収容のホールとエントランスホールの2か所でジャズライヴが繰り広げられたのですが、TAPASCONが出演したエントランスホールの客席はほぼ満席状態でした。

IMG_3651.jpg        IMG_3686.jpg


 その大勢のお客さんはTAPASCONの演奏開始時には客席に座って手や足でリズムを刻まれていたのですが、ステージ後半ではいつもの如くのオールスタンディングのダンスタイムに突入です(笑)。

IMG_3690.jpg          IMG_3691.jpg


 こうなればTAPASCONの演奏も更にヒートアップです!梅雨明けした山口県のここ【ニューメディアプラザ山口】のエントランスホールには熱風が吹き荒れていました(笑)。

IMG_3695.jpg            IMG_3672.jpg


IMG_3705.jpg            IMG_3710.jpg


 今回の“第9回 ジャズフェスタやまぐち”においては、スムースな運営に尽力された主催者さま、そして温かな山口のお客さまのおかげをもって、とても楽しく演奏出来たTAPASCONです。メンバー一同感謝します。

IMG_3718.jpg


 その主催者さまから「来年が10回目で今の体制としては最後になります。是非最後のステージもよろしくお願いします」とのお誘いをいただきました。最後というのは少し寂しい話なのですが、新たな体制で末永くジャズフェスタ山口が継続していくことを祈念しつつ、来年も参加出来るようにこちらもこれから一年頑張りたいです。
スポンサーサイト
コメント
たけさん

ここ山口は毎年この調子で盛り上るのですよ。
今年も、こういったタイムスケジュールの決められたフェスでは“掟破り”となる“アンコール”をいただきました(笑)。

ベースアンプは、(ステージに毎年用意されるべーアンが非力なのを知っているので)先日blogで紹介したMarkbass MINI CMD 151Pを持込みしました。
PAの方からの「DIに繋ぎましょうか?」との問いに、「パワーが有るので大丈夫です」と断ったのですが、単体で使った結果はいつものスタジオ練習より少しヴォリュームを上げた程度で十分でした。
客席で聞いていた知り合いから「ベースの音がクリアーに聞えていた」との評価もいただいています。
このMarkbass MINI CMD 151P、色んなシーンで結構使えます。

と、MINI CMD 151Pを褒めたばかりなのですが、実は昨晩これよりももっと凄そうなアンプをスタジオでチェックしました。
その昨晩のチェックは短時間だったので、今日はもっとじっくりとチェックしてみます。
本当に良い結果となれば、blogの本編にエントリーします。
それほど良くなかったら、このコメント欄で終わりですが・・・(汗)
とっても盛り上がってますね!
これくらい大きい箱だとアンプはなんでしょう?
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム