パソコンが壊れてしまい、新たに買い換えたので久々のエントリーとなりました(汗)。



 先週末に所要で福岡に出かけたのですが、せっかく車で行くので、ステーションワゴンの荷室に多くのベースのケースを積み込みしました。そうです行商です!?と言っても、道端でベースを売る訳にはいかないので、ショップに販売委託をする為に積み込んだのです。

DSCF2687a.jpg


 このところ、自分のベースに対しての好みがハッキリとしてきて、それにそぐわないベースを数多くストックするのは、経費や置き場所を考慮するに勿体無いですし、(独学ですが)知識と技術と(趣味のたっぷりとした)時間とを使って入手した時よりも良い状態になっているベースを自分が弾かないのならば、他のオーナーに弾いていただくのがベースにとっても良い事だと考えたのです。

 近年物とヴィンテージ物を得意とする2つのショップに行ったのですが、ヴィンテージ物を預けたのは 博多の“Guitar Tribe 福岡”です。ここしばらくの間はヴィンテージギターショップが無かった九州地区に1ヶ月前にオープンしたのですが、井上社長さんにお話を聞くと順調に推移しているとの事です。

 4月の終わりの未だオープンしていない時にお邪魔した際は、ギターを展示しつつある状況だったのですが、今回は品数も多くなり1面の壁がヴィンテージベースで埋め尽くされていました。

GUITAR_TRIBE_FKUOKA_1.jpg


 試奏は先ず、前回弾いて気になっていたSLIP!!のJBタイプから行いました。ショップ内に置いてあるMarkbassのMini CMD121Pでチェックした後は、同じフロアーに同時オープンしたスタジオに移動しました。ここではAmpegの“冷蔵庫”キャビの上に乗せたヴィンテージのV4BとSVT-Bluelineでのチェックをさせていただきました。こんな機材でチェックが出来るショップというのは少ないでしょうね。

 “冷蔵庫”から飛び出してくる“音の壁”に惑わされないようにと(汗)、冷静にチェックしたのですが、やはりローの出、特に4弦解放のドーンと来る感覚は別格です。各自に音の好みが有るのは当然の事として、私としては70年代のタイトな出音のFenderよりもSLIP!!の方が好きです。ただ、この日は壁に掛っていた別なベースも気になってしまったので、『SLIP!!をオーダー』とはならなかったです。又、次回の試奏を楽しみにすることにします。

 何本かのベースを預けてきたので、今後のGuitar TribeのHPをチェックしてみてください。
スポンサーサイト
コメント
オアシス地球さん

ストックするに越したことはないのですが、何年も弾かないのはもったいないですし、可哀そうでもあります。
古い楽器はオークションとかでは売れにくいですよね。
やはり、楽器屋さんに預けておいて、弾いていただくのが一番良いと思います。

61JBは「直」でやりましょうね(笑)
たけさん

夜店でベースを試奏したら、近所迷惑ですね(笑)
それにギターならともかく、ベースは売れないでしょうね(汗)
ぎょ、行商? 富山の薬売りですか(笑)

なんか惜しいような気もしますが、私には人のこと言えません(笑)
やはり特にヴィンテージ物は委託販売が最良の方法でしょうね。

61年JBの時はぜひ「直」でお願いします(笑)

bass 売りですか!いいですね。夜店で試奏とかあったりして。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム