CANOVA.jpg 島根県松江市から出雲市にかけて大きく宍道湖が広がっています。ここに浮かぶ嫁ヶ島は夕日を見る絶好のスポットとなっていますが、訪れたこの日(5月19日)は残念ながら曇天でした。


CANOVA (1) その宍道湖湖畔にあるライブハウス松江AZTic canovaで行われた“RC SUCSSES SHOW 9”にラテンバンドの熱狂楽団 TAPASCONが出演しました。5バンドが参加するイベントの3バンド目に出演したTAPASCONのメンバー総勢15名がステージ狭しと立ち並びました。


 横に長い島根県の西の果てに在る私の住む街から県東部の松江には車で3時間半掛ります。ちなみに他の県庁所在地の山口市は1時間半、広島市は2時間、福岡市は松江と同じく3時間半で行けます。その距離の為か日頃の音楽的な交流は希薄で、私自信も他のバンドでの活動を含めて初の松江での演奏となっているので、この日は「果たして自分達の演奏は松江でどう受け止められるだろうか?」と少々の不安がありました。

CANOVA (2)


 しかしその不安は1曲目の演奏会開始後数秒で吹き飛びました。お客さんは笑顔で手拍子を打っていらっしゃいます。「良し!ツカミはOK」という事で、熱いラテンナンバーからダンサブルなディスコナンバーまでたて続けに演奏したTAPACSONです。

CANOVA (4)


 ステージ中盤からは“総立ちバンド”との異名を持つTAPASCONらしく(?)、総立ちのお客さんからは大きな手拍子を打っていただき、それでTAPASCONの演奏も更にヒートアップするという熱い相乗効果が、canovaのステージ~客席をハリケーンの如く吹き荒れました。

IMG_3441.jpg


 このライブの主催者様からは、定期的なライブ参加のお誘いをいただきました。そして大勢お越しいただいた松江のお客さんにも感謝します。ありがとうございました。又、やってきます!

CANOVA (7)


 この日のステージ写真は広島のベーシスト&フォトグラファーのべーさんに撮っていただきました。べーさん、わざわざお越しいただき、そして写真もありがとうございました。多くの写真はこちらにあります。パソコンからご覧ください。
 べーさんのblogはこちらです。

CANOVA (8)


 TAPASCONはこの松江ライブと7月14日のジャズフェスタやまぐちへの出演を今年前半の大きな目標として、週一の練習をこなしています。あと一本、頑張ります!

スポンサーサイト
コメント
たけさん

えっ、嫁ヶ島温泉って在ったのですか?
スミマセン、県東部の事は良く知らなくて・・・(汗)×(汗)
嫁が島温泉無くなったそうですね。残念!
すわべさん

そうです。山本恭司さんは松江出身で、俳優の佐野史郎さんと同級生とも聞いています。
この嫁ヶ島は夕日に映える箇所に埋立てをして造られた人工の島です。
恭司さんの曲を聴いたことは無いのですが、物悲しい曲かな~?と想像しています。
ベーシストの佐野賢二さんのほうは、今はどうされているのでしょうかね?
べーさん

そうなのです。県庁所在地が遠いのですよ。
それで、おのずと県外へのお出掛けライブばかりとなっています(汗)

写真を沢山いただき、ありがとうございました。
カメラ(レンズ?)の違いで色が変わりますね。
私はカメラにはあまり拘らないようにと自制しています。奥が深そうですので(笑)

またの機会もよろしくお願いします。
>嫁ヶ島

山本恭司氏のセカンドソロアルバムに「Yomegashima」と言うE-BOWを使った和風の曲が収められていまして。
御ブログにて、その由来を初めて知りました!
松江出身の山本恭司氏の原風景だったんですね・・・なるほど納得です。

実は私が初めて生で見たロックバンドがバウワウで、それ以来自分の中でのロックスターは山本恭司氏で、ベーシストとしての原体験は佐野賢二氏だったのです。
ライブお疲れ様でした!!
益田からだと3時間半も掛かるのですか。
かなり時間がかかるのですね(゚Д゚;)
自分は松江道の開通の恩恵を受けて1時間半ぐらいで行けました!!ほんと高速道路に感謝です( ̄∇ ̄)

ライブも楽しくて良かったです!!
写真に関してもキャノンとペンタックスと二刀流で撮影出来て、勉強になりました!!
また撮影させて下さいませm(_ _)m
よろしくお願いします!!

コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム