19日に出張で福岡に行った折に、昨年末にも訪れたレオスキ基地を再び訪問しました。

 一ヶ月のインターバルなので、「お久し振り」でもなく「こんばんは」と言葉を掛けてスタジオに入った私を出迎えていただいたのは、レオタード・スキナードのギタリスト寿庵 皆男さんとベーシストのアガタさん、そして下のベース達でした。

DSCF2187_20130120201739.jpg


 「今日はGibsonのベースを用意しました」との寿庵 皆男さんの言葉に、ドラムセットの前を見ると、この2本のベースが・・・!これは滅茶苦茶レアなベースです!左が1953年にGibsonが初めて手掛けたエレクトリックベース EB-1のその53年モデル。右はギターのES-335等と同じボディーを持つEB-2の1959年モデル(色はレアなナチュラル)です。

DSCF2188.jpg                DSCF2191.jpg


 「どうぞ弾いてください」との寿庵さんのお誘いに、早速Ampegでの音出しを始めた私でした。62年の同じく1ピックアップのEB-0を持っているのですが、同様のモコモコの出音でしたね。EB-2のセミホローボディーによる音の膨らみ具合の違いはあまり感じなかったです。たたEB-2には音のキャラを変えるプッシュスイッチがあり、これで音をコリコリに出来るので、これをアンプで調整したら現代でも使える音となりそうな気がしました。

 Fenderが51年に世界初となるベースとして世に出したPrecision Bass (OPB)がロングスケールでボディーセンター辺りにピックアップを配したスタイルだったのに対して、2年後の53年にGibsonが出した答えというのがショートスケールでネック側にピックアップを配したEB-1だったと言うのも、まだエレキベースのサウンドが確立されていなかったこの年代らしいものだと思います。

 この後に、やはりロングスケールでの重低音が必要だと判断して、GibsonはロングスケールのThunderbirdを開発していったのですね。今回のこの2本を弾きながら、この年代のベース音の遍歴に思いを馳せた私でした。

 ペグはこの年代のGibsonのベースの特徴的なバンジョーペグです。これが2本並んだシーンなんて、なかなか見る事は出来ないものと思います。

DSCF2197.jpg          DSCF2196.jpg


 参考にしようと、開いたノーマン・ハリスのギターコレクションが掲載された本“Norman's Rere Guitars”に同年台・同カラーのEB-1EB-2が同じ並びで載っていたのには、ちょっとびっくりしました。

EB-1,EB-2            EB-1,Eb-2(2)




 このレオスキ基地訪問の後では、アガタさんお勧めのライブバーに2人で出掛けました。とてもアメリカンロックなお店で、マスターとも話しが弾み、楽しい時間を過ごせました。私のバンドのライブへのお誘いもいただき、嬉しかったです。

 寿庵さん、アガタさん、今回もお付き合いをありがとうございました。次回の訪問の際にはどんなベースで出迎えしていただけるのか今から楽しみです(笑)。
スポンサーサイト
コメント
agataさん

この前の博多の夜は、中州に繰り出すよりも楽しかったです。お世話になりました。

4月辺りで博多でライブをやりたいです。よろしくお願いします。

見せていただいただけで、未だ弾いていないベースが有りますので、次回にお願いします(笑)。
F-nieさん、先日は楽しいひと時、ありがとうございました。次回は対バンで遊んで下さい、宜しくお願いします!アキラさん、ユウゾウさんにも宜しくお伝え下さい。次回も楽しみにお待ちしております!
残念ながら、もうF-nieさんにお見せするベースはございません(笑)
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム