コメント欄で、ジェームスさんからお問合せのあった、ツィーターのアッテネーター取付の説明をします。

fostex_r80b_20120805075227.jpg アッテネーターはFostexR80Bを使っています。サウンドハウスで入手しました。インピーダンス:8Ω、入力:100Wです。300Wとかのパワーアンプを使ってもツィーターには低音がカットされた信号が行くので、通常の使い方ならば入力:100Wで大丈夫です。(私は300WのAmpegでも使っています)


 これまでチェックした中古のスピーカーキャビで、ツィーターが逝っているのが何個かありましたが、それはかなりの大音量で使用していたものと思います。(入力が不安だったら200WのR82Bも有ります)

 配線は以下の図を参考にして下さい。左はネットで拾ったもの、右は私が描いたものです。配線自体は簡単なものです。R80Bの他に必要なものは、スピーカーコード(50cm程度)とスピーカーへの接続端子です。

LPAD-hookup(4).gif         実体配線図


 アッテネーターの取付はツマミの調整がし易く、かつ運搬中にツマミが壊れ難い箇所を決めて行ってください。キャビに穴を開けての取付も首のネジ部が長いので可能です。私のBAGENDには後ろ側のバスレフポートの開口部にホームセンターで入手したスチール製のL型アングルを介して取付けしています。

 ツィーターのキンキン音が苦手な私は、ツマミをかなり絞り気味にして、気に入った音質としています。ツィーターのレベル調整が出来ないスピーカーキャビをお持ちの方はお試し下さい。
スポンサーサイト
コメント
No title
ジェームスさん

オアシス地球さんのブログも楽しいですよね。
かなりのヲタクぶりですが、語り口が楽しくてエントリーの内容に入り込んでしまいます。

コメントを非公開にしてメールアドレスを送っていただいたら、こちらのアドレスをお知らせします。
62の写真を送ってくださいませ。

S10X-Dを調べたら、バスレフの穴が小さいですね。
ぎりぎりツマミが入っても調整がし辛いかも・・・。
適当な場所が見つかれば良いですね。
No title
オアシス地球さん

ブログなのにツィッ(ー)ターですし・・・(笑)。

あくまで全部自己流にやっていますし、アマチュアなので隠し事も有りません。
プロならば、手の内はなかなか明かさないのでしょうけど・・・。

プロと言えば、先日ライブを観たレオタード・スキナードさんにはプロのギター・テクが同行されていてお話をしたのですが、その方もこのブログをご覧の様でした。
そのレオスキのベースのアガタさんから「F-nieさんのブログにあったようにテレベのPUのポールピースを上げ下げして欲しい」と要望されて困ったそうです(笑)。

アマの方には「かゆい所に手が届く」ようで、プロの方には「ご迷惑を掛けている」みたいですね(汗)。
No title
オアシス地球さん
いつからかは忘れましたが、僕もこちらをブックマークして定期的に拝読してます。
更新も頻繁にされておりますし、とてもマニアック!?な内容で他にはなかなか無いですよねー

F-nieさん
前期の通りちょくちょくお邪魔させていただいてます。
オールド楽器についての詳しい考察や今回の改造など、勝手に参考にさせていただいてます(笑)
僕もリフの62を所有してますが、フルオリとは程遠い状態なので「本物なのかどうか?」と疑念を抱いております。(音色には満足していますが...)
もし良かったら今度お写真などお送りしますので、お時間のあるときに鑑定をして頂くことは可能ですか?(もちろんBlogネタにして頂いてOKです)
※S10X-Dは15インチのものよりもバスレフホールが小さくコブシが入らないのでノブの位置について再考しております。
No title
私の先日のコメントの「ツィーター」、正しくは
「アッテネーター」でしたね。全然「合ってねえ」(・・・)

それにしても今さらながら、こんなに「かゆい所に手が届く」
ブログはないと思いました!
No title
ジェームスさん

お使いのBAGENDはツィーターがかなり強く出るので、今回のアッテネーターをお試し下さい。
程好いハイに調整出来ますので・・・。

名前の変換ミス、気にしないで下さい。
私なんか以前、“さん”付けを忘れた事も有りますので(汗)。
No title
ごめんなさい。
先ほどのコメントの最後の「F-nie3」は「F-nieさん」の間違いです。
変換ミス失礼しました。
No title
早速の公開ありがとうございます。FOSTEX製だったんですね。
近々手持ちのS10X-Dにも試してみようと思います、
確かにBAGENDの場合は元々コントロールノブがないので
パネルのオフセットが少なくなってますね。
運搬事故に備えてノブの取り付け位置はよく考え無いといけなさそうですが
そちらもF-nie3のを参考にさせて頂きます!
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム