FC2ブログ
 Jazz Bassのボリューム&トーンのツマミには白のラインが入って、ツマミの状態が目でチェック出来るようになっているのですが、工場出荷時のオリジナルのツマミの位置をご存知ですか?

 私はこれまで、新品のFenderを買ったことが無く(汗)、入手したベースはこれまで何度となくツマミの取付け・取外しが行われていて、そのオリジナルの位置は不明でした。

2007_0729JB19660052.jpg ところが、先日66JBをリペアする際にツマミを外したところ、この画像のようにツマミを取付けるイモネジの傷跡が一箇所しかない事に気が付きました。

 ということは、この傷跡の位置に合わせてイモネジを締めた状態のツマミがオリジナルの位置だと言うことです。


 そこで、ツマミを元に戻したのが下の画像です。左はポットが全て“0”で、右が“フルテン”の状態です。

2007_0729JB19660089.jpg      2007_0729JB19660088.jpg



20070804200608.jpg もう一本、これは72JBのツマミですが、イモネジの頭が錆付いていて、このツマミも過去に取り外された様子がないので、位置を確認しました。
 

 それが下の画像で、左はポットが全て“0”で、右が“フルテン”の状態です。ご覧の様に66JBと同じ位置になっています。

20070804200623.jpg      20070804200633.jpg


 ということで、このツマミの位置がFenderが工場でツマミを取付ける際の基準なのですね。長年Jazz Bassを弾いてきて、この度初めて知りました(汗)。この投稿を読んで、自分のJBのツマミの位置を確認するJB弾きが沢山いらっしゃる事でしょう(笑)。

 う~ん、これで好きなベーシストの演奏中のアップの写真を楽しむ事が出来ます。フロントとリアのピックアップのミキシング具合とか、トーンの絞り具合とか・・・。でも、ツマミの位置がオリジナルから変わっていないというのが大前提なのですが・・・(笑)。
スポンサーサイト



コメント
No title
ぷ。さん

初めまして。
他の人は気にしない些細な事もネタにしていますので(笑)、今後ともご参考にしてください。
No title
通りすがりです。オリジナルのノブの方向がギモンだったのですがひとつ解決しました。ありがとうございます。
takiさん
コメント、ありがとうございます。
細か~い事を記事にしていますが、前の記事でも、ご参考になったのなら嬉しいです(笑)。
今更ながら・・・
はじめまして。
もうだいぶ古い記事ではありますが、読ませていただきました。
ヴィンテージでもなんでもない(フェンダーですらない)ジャズベースモデルを使用していますが、ついついこの記事のように付け替えてしまいました(笑)
安心しました(笑)
ありがとうございます!とても安心しました笑
3ノブに比べて確かに不具合なことはあるかもしれませんが、やっぱりこの多彩なトーンは出せませんし、何より僕はこのルックスが大好きなのでやっぱりやめられませんね!
チェックしました
一方のPUのポールピースをドライバーで軽く叩きながら、他方のPUのトーンを絞るとアンプからの出音はコモってきました。そのPU用のトーン程の顕著な効き方ではありませんけど・・・。
そこで、回路図をチェックしてみると、やはりパッシブ回路なので、フロントとリアの回路は電気的に完全に独立している訳ではないので、たかさんご指摘の状況は有り得ますね。
互いのトーン回路を完全に独立させようとしたら、アクティブ回路にしてミキシングが必要となります。それでは本末転倒ですよね(笑)。
これがスタックノブの音(味?)だと思って使うしかないですね。
スタックノブの件
スタックノブの配線たった今やってみたんですが、完全に効くというよりはお互いに若干こもるという感じで、やはり完全に各ピックアップ独立で効くといったことは出来ませんでした。何度も確認したので多分間違ってはいないと思うんですが・・。こういうもんなんですかね?
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム