コメント欄からリンクを申し込まれた浜名湖観光局さんのサイトが、PUについてかなり興味深いものだったので、ご紹介します。下をクリックしてご覧下さい。

エレキギターの音質改善

 PUを横にズラして取付けするなんて、私には思いつかなかった方法です。どれかのベースでやってみようと思います。

 そのサイトの前半で「弦を押し込むように弾くと弦振動の基本波成分が強くなる」と説明されているのですが、それを実践した動画があったので、これも紹介します。


(上記動画は関係者に無許可で掲載していますので、問題があれば申し出てください)


 OPBのシングルポールピースのPUでは、弦を横方向に強く弾くと音がフッと聞えなくなる“消える魔球”となるので、この弾き方にはすごく納得出来ます。

 今日、(立ち読みで・・・)読んだベーマガ最新号の記事で江川ほーじん氏も同様な事を述べられていました。
スポンサーサイト
コメント
No title
たけさん

私もどちらかというと無意識のうちに弦を押し込む弾き方をしていたのですが、この動画の様に解説されると「なるほどなぁ」と思ってしまいます。

PUを弦のセンターからズラすというのは、新たな発想ですね。
指弾きでは、いくら垂直に弦を押え込もうとしても、低音弦側に向きがズレた動きとなるので、そちら側にPUをズラすのは、特にシングルポールピースのPUで有効と思いますので、近々試してみます。
No title
これはすごいですね!このように弾くのは結構修練が必要ですね。ピックアップの位置の理論が正しければ、Dingwallに続く快挙ですね!
No title
@べぇすさん

OPBはよく「一つの音しか出ない」と言われるのですが、この動画では、コントローラーを触るでもなく、本当に様々な音色・音価・音圧が表現出来ていますね。
No title
meso0628さん

縦振動ピッキングはPUの磁界に対しても、そしてブリッジ&ナットの弦を受けている箇所に対しても、より“鳴らす”事が出来る奏法だと思います。

福田さんのこの奏法をご覧でしたか。この動画だけでもかなり伝わりますが、実際のダイナミクス感はそれ以上でしょうね。
No title
オアシス地球さん

ダブルポールピースならそれ程不具合は無いと思うのですが、シングルポールピースをズラすというのは面白い発想と思います。

先日、広島ベース会に私のテレベを持ち込んだのですが、「これ、良いですね」と言われた方は、ほぼこの奏法をされていました。
もちろんこの奏法はダブルポールピースのJBやPB、そして全てのベースに有効だと思います。
そして特にパッシブベースならば、ダイナミクスが更に拡張されて良いでしょうね。
No title
オアシス地球さんのご感想に同じです。この動画でまた一つ勉強になりました。弾き方ひとつでここまで音色を操れたらいいなぁと思います。
No title
縦振動ピッキングは興味深いですよね。
僕も最近気になってジラウドベースセンターに行って、実際に見せてもらったんですがエレキベースのはずなのにウッドベースのようなアタックと低音が出るので本当にビックリしました。
今まであんな音が出る弾き方は見た事も聞いた事も無かったので、かなりショックを受けましたよ(笑)
No title
手持ちのベースでよく弦がPUのポールピースの真上に来てないのが
気になったりしますが、今回のはそれを逆手に取ったような改造法ですね。

この動画で弾いてらっしゃるのは福田郁次郎さんですか?
やっぱりサスガですねえ。弾き方を変えた一発目、「ボクン!」と
いうLowと音圧が来ますね。大変勉強になりました。
逆にいうと、これがパッシブの魅力でもあるんでしょうね。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム