メンテナンスの為に今年の2月から長らくアンプ専門のリペアショップに預けていたAmpegSVT-VRが帰ってきました。

IMG_1223.jpg


 メンテを依頼した内容は「アンプを使っているとキャビから“ガサガサ”音が聞えて、その後に音が出なくなる。時には“ピー”という超高音のノイズが発生するので、その原因を探って対策をする」というものでした。しかしショップに預けている間にこの状態とはならなかったので、一旦返却してもらって私の方で再度様子をみる事にしたのです。

 機械物はこういう事が有るので困るところです。しかし、ショップに預けている間に回転音がうるさかった冷却ファンを取替えて、真空管もチェックして頂きました。

IMG_1218.jpg 私のスタジオのスピーカーキャビAmpeg SVT-810AVの上に再び設置したSVT-VRからは、これまでと同様の熱々で押出しの強いベース音が発生しています。冷却ファンはとても静かに回るので、気になる騒音は無くなりました。


IMG_1205.jpg しばらくは様子をみる為に取外しているフロントパネルの開口部からは、6本のパワー管の明かりがともっているのが見えます。そしてストレス無く回るファンの風に乗って、前方には熱風が吹きまくっています。
スポンサーサイト
コメント
No title
オアシス地球さん

ホント、「壊れるなら、チャンと壊れて」って言いたいです(笑)。

同じく(笑)芸歴の長い私は、数年前にAmpegに辿り着きました。
所謂“Ampegの音”しか出ませんが、私にとっては“もう逃れられない音”になっています。
お早目の試奏をしていただいて、泥沼におハマリ下さい(笑)。
No title
機械ものは不思議と「修理に出したときに限って症状が出ない」
ということがあって、これが厄介なんですよね。

私、芸歴長いですが(笑)このAmpegだけは使うチャンスに
めぐり合えずにいます。いつか、これで思いっきり音を出すのが夢です!!
No title
@べぇすさん

プリ部にチューブ管が入っているのもありますが、やはりチューブのパワー部は別物ですね。
特にこのSVT-VRは1ポリュームなので、歪具合=音量といった男気一本!のベースアンプです。

フロントパネルは一旦取付けると外すのが面倒なので、しばらくはこのままですが、預けたショップで内部もクリーニングされていてとても奇麗なので、メカニカルな印象が更にアップしています。
No title
Bi-Shopさん

やっぱりAmpeg良いです!
前回はバンド練習の際にギタリストに「最近、Ampegは調子が良いのよ」と言ったとたんに音が出なくなったので(泣)、今回は何も言わずに練習で使おうと思っています(笑)。
すごい!
Ampeg、圧巻ですね!私はチューブアンプを所有していないので、いつか所有したいと思っています。にしてもフロントパネルがない状態もメカメカしぃというか、心くすぐられるものがありますね!
No title
「おかえりなさい!」
と言っていいものかどうか…
でも久々のAmpegサウンド堪能されているようで「このまま症状がおさまっていてくれればいいのに…」と願わずにいられません。
しかしフロントパネル無いとずいぶんワイルドに見えますねぇ。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム