IMG_0830.jpg ホタルじゃないです。LEDです(笑)。


 Pedalogic Custom Effect Manufactureが、BOSSLS-2をモディファイしたLS-2Bを気に入って使い始めています。ch表示のLEDがより明るいものに交換されていて視認性は向上していると先日のエントリーに記したところですが、その後に使っているとA-chの緑のLEDがB-chの赤のLEDよりも明る過ぎるのが気になってきました。目にギラギラとレーザー光線の様に刺さってきて、レベルツマミのポジションがかすんで見え辛くなってしまいます。

 そこで、A-chの緑のLEDに薄いマスキングテープを貼って明るさを抑えました。

IMG_0838.jpg         IMG_0834.jpg


 これで、両chのLEDの輝度がほぼ揃って見易くなっています。こんなチョコッとしたところに手を加えるのが好きな私です(笑)。
スポンサーサイト
コメント
No title
べーさん

そうですね。
何事も“程度とバランス”といったところです。
No title
おお!!
効果的なモディファイですね!!
写真で見る限り緑が明るすぎるし・・・
明るければいいというわけでもないのですね(-_-;)
No title
オアシス地球さん

そうです!
ラインセレクター自体がそこそこの値段でしたので、改良は原価が“0”と言うのが重要なポイントです(笑)。
LEDに薄くラッカーを塗るというのも良いと思います。
No title
たけさん

私も近眼&老眼で大変です。
特にライブハウスでのバンド入替えの際に暗転した時なんか、アンプのツマミや文字など何にも見えないですから・・・(汗)。
そんな訳で、ハコの置きアンプのEQがオールフラットでもOKなように、本体から気に入った音が出ているベースが必要なのです(笑)。
No title
LEDを交換するより手軽ですね!!
No title
私も老眼がきつくって、眩しいのはにじむし、暗いのは見えないし・・・
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム