Fullertone Guitars JAY-BEEを入手しました。その入手の経緯を説明します。

IMG_0503.jpg


 実はこのベースの以前にもFullertoneのベースを短期間ではありますが持っていました。評判通りに良く鳴るネック&ボディだったのですが、良い面ばかりとはいかなくて、「ここはこうしたら、より自分の好みのベースになりそうだ」という思いが頭の中で膨らんできました。

 それならばと、丁度上京するタイミングがあったので、前のFullertoneは手放す事にして、新たなベースをオーダーで作製すべく、先ずは池袋のKEYに出向いたのです。Fullertoneはオーダー品は渋谷店で、通常ラインのものは池袋店で扱っているのですが、私は前のベースが販売されていた池袋店に先に行ったのでした。

 事前に電話でのやり取りをしていた店員さんと打合せをさせていただきました。オーダーといっても実際のところは、私が持込むパーツを組み込んでベースを作ってもらう事が可能なのか?という事なのですが・・・。それに対しての返事は「対応可能です」というものでした。

 では、その詳細について打合せしようと思ったのですが、壁に掛っていたこの金色のベースが気になって試奏を申し込んだのでした。アンプに繋ぐ前に弦を弾いたところ私のお腹にはボディの鳴りが、そして左手にはネックの振動がブルンブルンと伝わりました。「わっ、これは良いわ!」と直感してしばらく弾いてみました。

 アンプからの出音もフラー特有の低音がブォンと鳴り響きました。「いやー、この出音なら、わざわざオーダーする必要も無いかな・・・?」との思いも湧いてきたのでした。どちらにしようか?と考える時間が必要なのと、この後にbassoyajiさん宅にお邪魔する予定だったので、bassoyajiさんのお持ちのFullertoneのオーダー品を弾かせていただいて参考にしようと考えたので、この日は池袋KEYを後にしたのでした。

 その弾かせていただいたbassoyajiさんのFullertoneもなかなかのもので、オーダーしようかなという気持ちが上向いてきたのですが、実はこのbassoyajiさん宅での様々なベースと、そして翌日のshinmei_tさんnyakkeeeさんと渋谷クロサワで何本かのベースを試奏した結果、一つの考えがまとまりました。それは「ベースは弾いてみなくては分からない」です。当たり前の事なのですが、メーカー・モデル・年式・仕様等々で、基本的な音はあるのですが、自分にとっての細かな部分の良し悪しの判定は現物を弾いてみないと出来ないという事です。

 よし決まった!という事でshinmei_tさん達と別れた後に再び池袋KEYに出向きました。その時には既にオーダーするという考えは無くなっていたので、例の壁に掛っていた金色のベースを再び試奏してみました。「やっぱり、良いわ!」という事で、このベースを購入しようとしたのですが、ここで少しブレーキが掛ってしまいました。

 店員さんによると、このベースは試奏用なので非買品だとの事だったのです。「でも、これが気に入ったので欲しい」という私の要望には、5月末に2本ベースが仕上がってくるので、その内の1本を試奏用にまわしたら、このベースは販売出来るとの返事。そして5月末だったら、その出来上がってきたベースとこの金色のベースを弾き比べて、気に入ったほうを買ってもらっても良いとの事。ただし、注文扱いになるのでこの時点で支払いはして欲しいとも言われたのでした。そこで、私は「いやいや、私は地方から来ているので5月末に弾き比べは出来ないし、支払いをしたのなら直ぐにでも持って帰りたい」との要望を店員さんに伝えました。最終的には店長決済という形で私の要望が通り、このベースを入手する事が出来たのでした。

 翌日、渋谷のKEYに出向いて、Fullertoneの“総師”とされる松田さんに、「池袋のベースを購入しました」と伝えた私に、松田さんからのコメントは「あのベースはビルダーの田中さんがかなり気合を入れて作ったので良いベースですよ」でした。又、こちらのブログにも「弾いた事があるけど、良いベースでした」とのコメントをお二人の方からいただいています。

 私も基本的には良いベースと感じているので、今後は自分なりにもっと気に入るものになるようにいじってみようと思います。早速ですが、明日(19日)のライブに使ってみます♪
スポンサーサイト
コメント
通りすがりさん

Fullertoneをオーダーされましたか!?
出来上がりが楽しみですね。

私の金フラーは入手後に色々といじくったのですが、今はPUをダンカンのアンティクティーに換えただけの状態です。
とても良いベースとなっています。
1年の保証期間が近付くのですが、これといった問題はありません。

ただ私の知り合いにはネックの不調を感じる方もいらっしゃいます。
私の1本目のFullertoneもそうでした。
オーダーされたのが、満足出来る1本となれば良いですね。
ありがとうございます
先日fullertoneのベースをオーダーしてきました。
このブログの記事が大変参考になりました、
ありがとうございます。

ちなみにオーダー制をやめるってマツダさんが言ってましたw
No title
べーさん

ドラマって程ではないのですが(汗)、結果的に気に入ったベースが入手出来ました。
今度のベース会には持ち込みますので、弾いてみてください。
入手にもドラマがあるのですね!!
弾いたこと無いブランドなんで是非弾かせて下さいませ。
よろしくお願いします!!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
shinmei_tさん

欲しいと思ったら、このくらいやります!(笑)
このフラーは入荷当初は渋谷にあったので、弾かれていますね。
実はクロサワでお会いした際に、shinmei_tさんが「オーダーって、出来上がったものはキャンセルできないので怖いです。」とおっしゃられていたのを聞いて、私の気持ちが固まったのです。
「その判断は間違いなかった」と、このフラーを弾きながら感じています。


takeさん

“派手”な部分と、ラステッド処理による“味わい”の部分が感じられて私好みではあります。
昨晩のバンド練習でも好印象でした。
今日のライブはいつもと異なってドラムレスで小音量での演奏になるのですが、このフラーは上手く対応してくれそうです。


たけさん

上のshinmei_tさんへのコメント返しにも記しましたが、いくらパーツ等自分の好みのものを持込んでもその通りの出音となる保証はないですからね。
これから、この金フラーに自分なりに手を加えたいと思っています。


まんじくん

これ、良いですよ。
少し手を加えて私好みに仕上がったら、弾いてください。
No title
なかなか強引な交渉術で好感がもてます。似ている、私とw。このフラー、私も弾いたような気がします。でも渋谷にも一時期あったんじゃないかな。とても良い楽器だったと思います。
楽器は弾いてみないとわからないですよね。だからオーダーは個人的には怖くてできませんw。
No title
これまたド派手なルックスですね!フラーはここ最近ベーマガでもたびたび取り上げられたりしていますよね。
ライブでのインプレ楽しみにしています^^
No title
なるほど、そういう展開でしたか!確かにオーダーっていうのは冒険ですものね。
No title
フラトン♪いつか試奏させて頂きたいです♪
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム