ゴールデンウィークの後半は上京して、ベース的にとても濃ゆ~い日々を送りました。

 先ず初日は午前中に羽田に着いて、そのまま池袋のKeyに行ってベース担当の方とお話しました。話の内容はFullertoneについてで、色々と情報交換をしました。

 この後、こちらのブログにコメントをいただいているサンフランシスコ在住のbroken arrowさんがタイミングよく帰国されているという事で、新大久保のHyper Guitarsで待ち合わせしました。

 この後にお会いする予定の、これまたブログでのお知り合いのbassoyajiさんから店員の久保さんの紹介を受けていたので、過去2度ほど訪れていた際には恐れ多くて試奏の申し込みが出来なかったのですが、今回は初めて防音された試奏室に案内されました。

 久保さんから「何を弾かれますか?」と聞かれた時には、このイチじゃないですけど「この店で一番高いベースをお願いします」って感じで(笑)、61年の2ポットのJBを弾かせていただきました。オーラ出まくりのそのベースだったのですが、弾いた印象は「自分の61JBとあんまり変わんないな」でした。私のはリフィニッシュ物で、片やこちらはフルオリジナルで3百数十万円也!なのですけど(笑)。自分好みのセッティングで自分好みの音が出ていたら、フィニッシュは関係ないのかなと感じたのでした。

 その後、broken arrowさんが「未だ弾いた事がない」ということで、OPBを2本弾かせていただいて、broken arrowさん曰く「アメリカにもこんなにビンテージが揃った店は無い」というHyper Guitarsを後にして、bassoyajiさんとの待合せ場所に向かいました。

 bassoyajiさんは2年前にプレーヤー誌で見た時のサングラス姿に「怖そうな人だな」と勝手にイメージしていたのですが、ベースを担いで待合せ場所にいらっしゃった際の笑顔と握手で、瞬時にうち解けてしまった私達でした。そして私とbroken arrowさんは、あの驚愕のベースコレクションが私達を待つbassoyajiさん宅に伺ったのでした。

DSCF1917_20120518191627.jpg


 リビングへと案内された私の目に入ったのは、上のシーン。左から何とフィエスタレッドの62JBが2本(!)そしてJBが製作された初年度の60JBスタックノブ、右はローズ指板となった初年の59PB。特にフィエスタレッドのベースは私も初めて見たのですが、それが2本というのにはぶったまげましたね。

 これらを皮切りにAmpeg B-15Nで、次から次へとbassoyajiさんが差し出すビンテージベースをbroken arrowさんと共に試奏しながらコメントするという、「人生、長くやってると、いつか良いことがあるのね」状態というか、半分トランス状態で時間が流れていった私でした。

 各ベースをそれぞれ紹介することは出来ないのですが、bassoyajiさんのブログトップの張り紙にある56年のOPBは凄かったです。ミント状態というよりもFenderから出荷されたまんまの状態でした。これはもう楽器云々よりも歴史的遺産といえるものではないでしょうか?そんな貴重なベースまで試奏させていただいたのでした。その結果は、やはり“若い”、他に弾いたOPBと比べるととてもスッキリとした出音で、未だ“土の匂い”がしないものでした。やはり楽器は“弾いて育てるもの”なんだと実感しました。

 そんな夢心地の試奏を終えて、3人はbassoyajiさんのお勧めのもつ焼き屋さんに移動して、今度は語り合いタイムです。お酒もすすんで、終電近くの時間となる頃にはかなり出来上がっていた3人でした。

 bassoyajiさん、この度は貴重なベースを弾かせていただき有難うございました。そしてbroken arrowさん、当初はお会い出来ないかもと思っていたのですが、お話しが出来て嬉しかったです。又、米国での情報をお伝え下さい。

 帰りには、酔っ払っていて電車を間違え、更に寝込んでしまって、気が付いた時にはえらく遠い所まで来ていて、勿論帰りの電車は無く、タクシーで大枚叩いてホテルに帰った事なんか、絶対に人に言えない私です(泣)。
スポンサーサイト
コメント
No title
broken arrowさん

お疲れ様でした。そしてありがとうございました。
今回、broken arrowさんとは10時間ずっとお話させていただきましたね。
ベース好きな方達とベース弾きながら話をするのはとても楽しかったです。
でもまだまだ話し足りなかったというのが実感です。
又、お会い出来るのを楽しみにしています。
ありがとうございました
僕も久しぶりにかなり酔いまして、自宅の最寄り駅で下車したものの、どうやって自宅へたどり着いたか良く覚えていません。w
翌朝は完璧な二日酔い状態で、なんとか羽田発/札幌行きの便に搭乗できましたが、札幌初日はボロボロでした。

ハイパーでの試弾きも楽しかったですが、bassoyaji氏宅でのベース大会は格別でしたね。あれだけのベースが一カ所に揃うなんて、アメリカの楽器ショーでもまず実現しないと思われます。憧れの60年のジャズべ、ミントコンディションのオリジナルプレベも凄かったですが、個人的には62年のスラブのフィエスタレッド2本のツーショットというのが圧巻でした。

またいつかお会いできるのを楽しみにしてます。
No title
マチャさん

今回は残念でした。
思い出せば、私のブログを初期に紹介して広めていただいたのはマチャさんでしたね。
おかげで、多くの方と知り合いになって、この度の東京がとても楽しめました。
次回は是非ともお会いしましょう。
No title
オアシス地球さん

えっ、そうですか!午後2時頃にHyper Guitarsに行って、その後クロサワにも行きましたよ。
黒ジャケット、黒ジーンズでした。
そうだったら奇遇ですね。
オアシス地球さんのブログをご紹介していただいたのですが、上京のバタバタとカブってご連絡出来ずにすみません。
これからブログにもお伺いさせていただきます。
今後ともよろしくお願いします。
No title
今回はお会いできなくて残念でした。
来年は是非お会いしたいです♪
No title
こんにちは。
もしかして、新大久保へいらしたのは3日の昼頃ではないですか?
Hyper Guitarsさんに赤青の帽子をかぶった、怪しい男がいませんでした?
その男、クロサワ楽器ではBASSを試奏してたはずですが(笑)
今にして思うと、横を通られた人がF-nieさんに似てた気がするんですが・・
全くの見当違いなら無視してください(笑)
じつは、3日に70年代のJBを物色しに都内に行ってたんですが。
結局、どれもこれもあまりに高く、目ぼしいものはなくてやめました・・
ではまた。
No title
たけさん

体調不良でしたか!それは大変でしたね。
このGWは前半でライブ、後半で東京ベース会(?)と充実した内容でした。
又、こちらの方にもお越し下さい。


bassoyajiさん

お付き合いいただき、有難うございました。東京ベース会、堪能しました。
又、お伺いします。その際もよろしくお願いします。


べーさん

広島ベース会も濃いですが、東京も濃かったですよ!
ベースの話をしたら瞬時に打解けるって、凄いですよね。
本当にベーシストって良い方ばかりです。
No title
実り多いGWだったようですね!
私のほうは妻と私が体調不良で何の実りもありませんでした。。。
私も秋には関東遠征したいです!
No title
あらら。タクシーご帰還ですか。まあ、翌日の自分も完全フヌケおやじ状態でしたが。また、やりましょう!
No title
F-nieさんの興奮っぷりが文章を読んでて伝わってきました!!
そしてベーシストはいい人ばかりだなぁ・・って思えて仕方が無いです!!

それにしても・・レアなベース達ですね(-_-;)
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム