米国のオークションサイトのe-Bayを時々チェックしているのですが、なかなか日本国内では見られない商品をチェックしました。

9432.jpg こちら68Telecaster Bass Blue Flowerです。これはレアですね。私が持っているPaisley Redがレアレベル4だとしたら、このBlue Flowerはレベル9くらいです。あくまで私のイメージで生産本数の比率じゃないですけど・・・。国内では、こちらにコメントをいただいているBass oyajiさんがお持ちとしか私は知りません。


 ただ、このBlue Flowerのアップの画像を見たらもうびっくりです!表面の塗装がベロンとめくれてとれています。裏面は特にひどくてボディの素材がそのまま現れています。

9432a.jpg           9432i.jpg


 Paisley RedにしろBlue Flowerにしろ、その製作方法は、先ずボディの表裏に柄が印刷された紙(壁紙という話もあります)を貼って、その上を厚いポリウレタン塗装で覆っています。ポリウレタン塗装のみならば、シーラー処理で木部との密着度を高められるのでしょうが、この場合はそこに紙が入っているので、木部とウレタンの皮膜とは強固に接着されていなくて、経年変化によって表面のポリウレタンにひび割れが生じて、最悪この様に剥がれてしまうのです。



 私の68Telebassも入手時にはご多分に漏れず、ウレタン皮膜に無数のクラックが入り、何箇所かはめくれ上がっている状態でした。このままでは演奏中やメンテの際に服やウエスにウレタン皮膜が引っ掛かる事が想定されるので、めくれ防止処理を施しました。

IMG_9666.jpg


 先ずはリペアショップにて、めくれ上がった箇所を万力で押えて、そこに接着剤を注入して固定してもらいました。全ての処理をショップで依頼すると工賃が高額となる為に、そこからは私がクラック1本1本に小筆でエナメルのクリアーを流し込んでめくれ防止を行いました。

IMG_9661.jpg        IMG_9679.jpg


 この処理のお陰で、処理後2年を経過してもクラックやめくれが新たに発生した箇所は見受けられません。もちろん、ケースから急に熱かったり寒かったりの部屋に出す事は避けて、表面のウレタン皮膜が急激な膨張・収縮を起こさない様に配慮もしています。

 今回のe-BayBlue Flowerの画像を見て、扱いが悪いとここまでのダメージとなる事を肝に銘じて、今後も私の68Telebassを愛でていこうと考えています。



 それと、私はこのPaisley Redの赤の色付き部分が退色してピンクへ、そしてゴールドになっているのが気になっていて、更なる退色が進むのを避ける為にあまり直射日光はおろか蛍光灯の下にも出すのを控えていたのですが、最近この退色の事を“Gold Burst”と呼ぶのを知りました。

 なるほど、物は考えようで、退色したのではなくてゴールドへと色が変色しているのだと思えば、その変化を楽しむ事が出来ますね(笑)。こちらマスタービルダー物よりも私のPaisley Redの方が味わいの部分では絶対に上回っていますし・・・。
スポンサーサイト
コメント
No title
bassoyajiさん

ブルーとピンクのベースとギターをセットでお持ちの方なんて世界中でも他にはいらっしゃらないと思います。
ポリフィニッシュの割れ対処方法は自分なりのノウハウがあるので、来月お会いした際にアドバイスが出来ると思います。
プレイヤー誌で見たあの驚愕のコレクションを直に目にする事が出来るのを楽しみにしています。
No title
確かにブルーフラワーはないですよね。僕も自分の以外に現物は見たことがないです。自分のはオーバーポリ済みだったので、オリジナル性という意味ではイマイチです。ギターのブルーとピンクは何も処理していないので、かなりウキが出て、一部ハガレも出ています。いい方法があったら教えてください。
たけさん

さすがに本国だけあって、レア物がありますね。

次のエントリーでもそんな物を拾ってアップしてみます。
No title
これもよい姿ですね!
しかしあるところにはあるものですね!
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム