FC2ブログ
 ピックアップキャビティ

 66JBのリアピックアップの上下が出来ない状態でした。ピックアップキャビティの溝にピックアップが挟まっている様子です。

2007_0729JB19660031.jpg 調べてみると、キャビティの溝堀加工が雑で曲がっている為に、ピックアップカバーと接触していました。CBSに売却後にFenderの精度が落ちたのを象徴しているかのような加工ぶりですね(汗)。


2007_0729JB19660034.jpg    2007_0729JB19660044.jpg

 マスキングテープで直線を出して、ノミで溝を広げます。この作業の為だけにホームセンターでノミを購入しました。良い仕上げの為には良い道具が必要です。1,180円でしたが・・・(笑)。 

2007_0729JB19660047.jpg カットした部分が木地のままでは、湿度等の影響が有るので、塗装を行いました。養生テープと新聞紙でマスキングをした状態です。今回はコントロールキャビティも加工したので(その内容は明日報告します)、その部分も塗装をしました。


2007_0729JB19660049.jpg ホームセンターにその名もずばり《キャンディ・アップル・レッド》という色のラッカースプレーがあったので迷わず購入しました(笑)。先ずは手持ちで白のプライマーが有ったので、これを吹いて色乗りを良くしました。 
 塗装を行った当日(7/29)はとても蒸し暑くて、湿度による塗装面の曇りが発生するおそれがあったので、ラッカー吹付け後は直ぐエアコンで除湿した部屋に取込み、乾燥を待つ工程を数回繰り返しました。


2007_0729JB19660063.jpg キャビティの仕上がりです。オリジナル状態では内部の塗装はあまり綺麗ではないのですが、違和感無くそのように仕上がっています(笑)。


2007_0729JB19660087.jpg ピックアップを取付けました。4本の高さ調整ビスでスムースに上下が出来る様になりました。一昨日お伝えした様に、スポンジクッションを取替えたのも効果的でした。
スポンサーサイト



コメント
怖いっすか?(笑)。
ボディにノミを入れるか、ピックアップカバーを削るかの二者択一をして今回の方法を選びました。
おっそろしいv-12
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム