弦を替えて好みの音に近付いてきた72JBですが、軽くメンテナンスをしました。

IMG_9641_20120311030022.jpg


 先ずは完全に固まってPUクッションとして機能しなくなっていたウレタンスポンジを交換しました。といっても元のスポンジは剥がさずに、その上に新たなウレタンスポンジを重ね貼りしています。この72JBは私が持っている古いベースの中でもオリジナル度を良く保っている方なので、干物状態(?)の元のスポンジも私にとっては貴重なものなのです。

 2弦のナット溝が他の弦の溝と比べて彫りが浅かったので、調整しました。

 指板にレモンオイルを塗り込みました。塗り込み作業はレモンオイルを指に付けて行っています。布とかティッシュですと、そちらに滲み込むオイルが勿体無いですので(笑)。

Lemon oil3 私が使っているレモンオイルはFreedom Custom Guitar Researchの製品です。粘度が高くて乾燥し辛いところが気に入っています。


 他のベースでは積極的にコンデンサーを取替えしているのですが、この72JBはコントロール部も手付かずのハンダバージンなので、このままにしています。この年代のJBに使われているコンデンサーは悪くはないと思っていますし・・・。ポット内部の洗浄のみを行いました。

 メンテナンスの最後には、各弦の出力の比較で弱かった3弦を増大する為に、薄く削った磁石(スライス磁石)をフロントPUの3弦のポールピースの頭に貼り付けしました。私の多くのベースに施している加工ですが、とても効果的です。もう20個くらい作っているので、製作のノウハウも確立してきました。 

IMG_0103_20120311192104.jpg         IMG_0101.jpg


 4弦のポールピース廻りにはクリアーフィルムを貼ってポールピースへのタッチノイズを防いでいます。 
スポンサーサイト
コメント
No title
bassoyajiさん

私、bassoyajiさんほど泥沼にはまっていないですけど・・・(汗)。
といいながらも、年代別のポイントは押さえているつもりの私のコレクションです(笑)。
No title
>年代ごとに色々な表情を見せてくれるのが、古いFenderの味わいの部分ですね。
確かに。でも、そのマジックにはまると、ほんと、ヤバイッスよね。いろんな意味で!?
No title
たけさん

確かに黒部分が細いですね。赤もフェードして細くなっています。
年代ごとに色々な表情を見せてくれるのが、古いFenderの味わいの部分ですね。
No title
ボディの黒い部分が少ないと随分明るい感じがしますね!それにしても良い姿です♪
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム