知合いのプロベーシストに貸し出ししていた72JBが戻ってきたので、久々に70年代のJBを弾いてみました。私の好みは60年(初期)のファットなものなので、しばらく振りの72JBをどのように感じたのでしょうか?

IMG_9642.jpg


 60年代半ば以降はPUがグレーボビンとなって、明るめで歯切れの良いキャラになっていくのは周知の通りです。これが私にとってはマスナスのイメージとなっていたので、これまで張っていたダダリオのラウンド弦のチェック後に、少し音をディープにする為にKen Smithのハーフラウンド弦“COMPRESSOR MEDIUM LIGHT”に張替して、アンプからの出音を比較する事にしました。


 先ずはラウンド弦からです。「う~ん、やっぱり軽い(汗)」最近はPBがマイブームとなっていて、4弦開放の地の底に沈む様なローが病みつきになっている私にとっては、物足りません。トーンを絞ってピック弾きで軽やかなポップスを演るのには向いているかもしれませんが、R&B・Blues等を日頃演奏する私にとっては軽すぎます(汗)。

ks_aacrml4b.jpg そこで、Ken Smithのハーフラウンド弦“COMPRESSOR MEDIUM LIGHT”に張替してみました。それもわざと少し使い古した弦にしています。「おっ、これだ!」先程とはうって変っての太さが出ています。“ズ太い”とまでは行かないのですが、曲の底辺を担うには充分なローが出ています。


 結果として手持ちのFenderに全て張った事になったKen Smithのハーフラウンド弦“COMPRESSOR MEDIUM LIGHT”ですが、フラット弦程にはモコらず、ラウンド弦程には“ビンビン”せずに、擬音で言えば“ゴーン”という感じで、3~4弦からは骨太いローが出ます。そして1~2弦もスラップ時にはしっかりと切れを出してくれます。

 少しテンション感がアップするので、トラスロッド調整が必要となるベースがあるかもしれません。又、とても錆び易いので夏季の汗には注意が必要です。あるショップから入手したら、新品梱包の中で既に茶色く錆びていたものもあります。更に4弦開放はどうしてもチューニングが高くなります。弦の腰が強くて4弦のナット部よりも1フレットに近付いたポイントが振動の支点となる為と思われます。4弦のチューニングは5フレットのA音で行っています。

 先日のバンド練習でも他の楽器の中からでも音の通りは良かったです。ベース本体のトーンは絞り気味、アンプのEQはローミッドを少しブーストして使いました。

 貸し出し前にはこのKen Smith“COMPRESSOR MEDIUM LIGHT”は試していなくて、ラウンド弦での底辺の無い音が気に入らずに、「このまま譲ろうかな?」とも考えていたのですが、弦を交換したら使える音になるのが分かったので、他の細かな箇所を調整して、もっと使いやすいベースにしていこうと考えています。
スポンサーサイト
コメント
No title
bassoyajiさん

ダダリオのセミフラット、実戦投入の結果をブログでお伝え下さい。

アギュラー・トーンハンマーは小ぶりで使い勝手が良さそうですね。
私が持っていたアギュラー・DB359は2Uなのにケース込みで30kgオーバーだったので、手放しました。
今は使わないアギュラーのキャビが3台倉庫に眠っています(汗)。
No title
F-nieさんのブログ読んだら、久々にコンプレッサーを使ってみたくなりました。自分が試したのはもう2年ほど前で、そのときはGHSのフラットにのめり込んでいたので、ちょっと中途半端な感じがしたんですよね。今日は午後からリハなので、ダダリオのセミフラットをはった62JBを実戦投入してみます。ヘッドはアギュラー・トーンハンマーを持って行きます。
No title
べーさん

ハーフラウンドを気に入って使っているのですが、bassoyajiさんのブログにダダリオのハーフラウンドが紹介されていました。

http://ameblo.jp/bassoyaji/

これも試してみようと思います。
No title
F-NIEさんのブログをみて自分もハーフラウンドにしたんですが、美味しいポイントが出て大変気に入っています!!

今から暖かくなるとコンディションの維持が課題となりそうですが頑張りたいと思います!!!
たけさん

この年代のFenderの姿は、これはこれで“あり”ですね。

ネックの握りは、私個人的には初めて持ったfender がこの年式だったの
で、一番の好みなのです。

あのベースは、只今セットアップ中なので、紹介はもう少し待ってください。
No title
私この70年代のブロックポジション大好きなんですよね。でもネックのシェイプは好みでない・・・姿はいいんだけどなぁ。。。ところであっちのほうもアップしてくださいね!
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム