IMG_9899.jpg Ampeg SVT-VRのプリアンプ部のリード線をコネクターを介さずに基板に直結したのですが、スピーカーから聞こえるガサガサ音の解消にはなりませんでした。


IMG_9905.jpg でもこうやって一つ一つ不良の原因となる要素を潰していくしかないので、次の要因としての真空管とソケットをチェックしました。その結果、この矢印の真空管を動かすとスピーカーから少しのガサガサ音が出てくる事が分かりました。


 真空管の端子とソケットの接触不良が問題ならば、常に不良の状態となると思うのですが、私のアンプの場合は電源を投入して10分以上経過した後に不良状態となる事から、真空管が温まると状態が悪くなるのでは?と考えて、新品の真空管を入手して取替してみました。

IMG_9907.jpg これは取外した方で、SOVTEK社の12AX7WAです。同品番の物と交換しています。


 結果としてはこれもガサガサ音の原因ではなかったです。冷静に考えると不具合は2chあるインプット共に発生しているので、片方のchの真空管1本が原因という事は無いですね(汗)。

 と、私が手を掛けるのはこれまでです。ここから先はアンプ修理の専門店にお任せする事にします。
スポンサーサイト
コメント
No title
Deb Pieroさん

再度のアドバイス、有難うございます。
Deb PieroさんのAmpegはこれで解決したのですね。良かったです。
私のSVT-VRは修理店でのチェックでは不具合が発生していない為に、その不具合が出るまで何が原因か分からない状態です。
もうかれこれ、預けてから3ヶ月近くなります。
これまでの経験では、そろそろ悪くなりそうなので(汗)、修理店に任せている状況です。
教えていただいたショップはなかなか実績があって良さそうですね。参考にします。有難うございました。
Ampegの修理
解決しましたので、参考になればと報告します。

楽器店では埒があかないので、アンプ修理専門店を検索しお願いした所、忙しくて個人の依頼は受けられないが・・・と言って、下記のアドバイス・メールを下さいました。

「考えられる故障箇所ですが、購入して3年以上経っていますと、Line In/JackまたはHeadphone Output/Jack等の接触不良が考えられますので洗浄液等でクリーニングすると直る可能性もあります。(自己責任でお願いいたします。)」

綿棒に揮発性の接点復活材を少量付けて掃除すると、綿棒は灰色に。すると、ノイズは減少し、翌日にはパワーも復活して、音質も生き生きしてきました。

アドバイスを下さったのは、下記のお店です。
http://homepage2.nifty.com/prosoundsos/index.htm
No title
Deb Pieroさん

再度のご連絡、ありがとうございます。
前回頂いたアドバイスは修理店に伝えています。
前に私のアンプが不良になった時に、アンプを叩いたら復調した事があったので、なんらかの接触不良とも考えられます。
情報を共有してトラブル・シューティングが出来たら嬉しく思います。
今後ともよろしくお願いします。
No title
昨日Inner Wood 木内氏に電話したら、ん~ランプが振動に弱いのかなぁ…との回答でした。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~b-iwbass/top.htm
F-nieさんと症状は全く同じなので、アンプ修理の専門店での結果を心待ちにしてます。

No title
Deb Pieroさん

アドバイス、ありがとうございます。
こうやって、ブログにアップしておくと、どなたかからかアドバイスがいただけるものと思っていました。

電源パイロット・ランプですか!?これは盲点でしたね。
スタンバイスイッチを切った後にしばらくガサガサ音が聞こえるので、電源部の不良かもしれません。
となると、電源部から配線されているパイロットランプも疑ってみる必要が有るかもしれません。
現在、アンプは修理店にありますので、皆さんからいただいた情報は伝えておきます。
私の場合
はじめまして、通り掛りの者です。トランジスタ製B-100Rでも同様の症状で、東中野のInner Woodで修理して貰ったら、:原因は電源のパイロット・ランプとの事でした。

交換したら良くなったのですが、また同様の症状が出ます。外からパイロット・ランプを押してみると一時的に治るので、パイロット・ランプの緩みが原因である事はまず間違いないと思います。

が、症状が出ないようにするのに、どーしたら良いのか、解決法はまだ見つかっていません。
No title
akiraさん

今回、不良になる前には2~3ヶ月間問題無しでした。
バンドの練習中にギターのまっちゃんに「このところこのべーアン、調子が良いのだよね」と言ったとたんにガリガリ音がし始めました(汗)。
こちらの動向をアンプに見透かされているようです(笑)。
良くある事ですね
音響機材も現場でトラブッて帰ってチェックしたら症状が出ない事は多々あります(笑)
長時間かけて徹底的に原因を追究してもらってください。
No title
akiraさん

診断、有難うございます。コンデンサー、臭いですかね?

実は既に修理店に届いていて、チェックしてもらっています。第一報は・・・。
「ご指摘の「ガサガサ、ビーといしう音」については入荷以降のテストでは一度も再現していません。
プリアンプ基盤のコネクタは全て直結されていますが、チェックしましたが問題無しです。
パワー管のバイアスもプリ管の動作にも異常はありません。
もう少しテストしてみますので、また後日ご連絡致します。」

こんな風に、不良状態にならない事もあるのですよ・・・(汗)。
でも信頼できる店に預けていますので、何とか原因を突き止めていただけると思っています。
察するところ
症状から察すると多分コンデンサーの劣化と思われますね。
音響機材も結構ガサガサとか一人喋りがあります。
修理にだすと大抵コンデンサーが交換されてます。
あとパワー管の系統かもです。
あくまで推測ですが・・・
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム