正月休みの間、66JBに続いて手持ちのフェンダーベースをメンテしています。まずは63PBからメンテ内容を報告します。

IMG_9003_20120103175356.jpg




 PUポールピースのアース落し

IMG_9080.jpg ポールピースに指が触れる際のジーというノイズ対策で、PU裏にアルミテープを写真の様にカットして貼り、導電塗料でポールピースとアルミテープを導通させています。


 トーンコンデンサー交換

 これまでこの63PBの出音は、全音域に亘ってモワ~ッとくぐもった感がして、ヌケの悪さを感じていました。特に3~4弦はローが出ているのに切れが悪くて、これはライトウェイトアッシュのボディ材に因るものかな?とずっと思っていました。しかし、このところトーンコンデンサーを取替えして良い結果になっていた事から、このベースもコンデンサーを交換したら何とかなるのかな?と考えました。

IMG_9087.jpg 左画像で配線に隠れて分かり辛いですが、オリジナルはSKのスタンプがある0.1MFDのセラミック・コンデンサーが付いています。


 このコンデンサーを取り外してアンプからの出音をチェックしました。その結果は正に“目から鱗”でした。これまでとは比べる事が出来ないクリアーでギンギンの音がアンプから飛び出してきました。音量も明らかにアップしています。

 トーンポットがフルテンの時もコンデンサーにはホットの信号が通ってトーン回路が機能している事は理解してはいたものの、これだけの差があるとは!オリジナルのコンデンサーはかなりウォームな方向に作用する物だったのですね。

IMG_9092.jpg と、言う事はコンデンサーを色々と試してみたら自分の好みの音となるのでは?と考えて実行することにして、先ずこの回路を作ってみました。何じゃこれは?と思われるでしょうけれど、これは最低限のパーツから作ったトーンコンデンサー比較用の回路です。シールド線とポットとコンデンサーをくわえるワニ口クリップで成り立っています。


IMG_9096.jpg このトーン回路のプラグはベース側、アンプ側のどちらに挿しても良いのですが、コンデンサーの取替えがやりやすいように台の上に置いたエフェクターのイン側に挿しています。

 これでアンプからの出音をチェックしながらコンデンサーを順に試してみました。この時は既にベース本体のトーンコンデンサーは取外しています。


 いゃー本当にトーンポットがフルテンの状態でもコンデンサーに因り、音が異なっています。同じキャパシターのコンデンサーを比べたら、大型のオイルコンデンサーはウォームな効き、薄型のセラミックコンデンサーはローとハイがカットされてミッドが立ってタイトな効きとなっています。

IMG_9097.jpg 手持ちのコンデンサーから選んだのは、このところの私の“ツボ”となっているダイレクトロンの0.05MFDです。PBらしい押出し感はあるものの、極低域と耳障りなハイはカットされて、とても塩梅の良い出音となりました。


 この日のチェックでは、オリジナルコンデンサーのウォームな音、コンデンサーを外した時のギンギンな音、ダイレクトロンのコンデンサーのタイトな音の3種類の音が同じベースから出せました。コンデンサー、侮りがたしです!これにコンデンサーのキャパシターの数値、トーンポットの抵抗値等を組み合わせるとなると・・・、奥が深いです(汗)。

 PUのウレタンクッションの交換

 トラスロッド調整 
 
 少し順反るようにトラスロッドナットを緩めました。

 弦交換

 弦高調整 

 指板にレモンオイル塗布 



IMG_8997_20120103175438.jpg 以上のメンテナンスで、この63PBはこれまでで一番の低音を鳴り響かせています。大満足な結果となりました。

 えっ、G&LSB-2のセッティングですか?正月の間は作業休みです(笑)。
スポンサーサイト
コメント
No title
たけさん

赤白の次は白赤です(笑)。
実はこの63PBはこれまで自分としてあまり納得出来ない出音だったので、持ち出すのを躊躇していたのですが、今回のメンテ後はどこに出しても恥ずかしくないベースになった感があります。
次回。是非ともお試し下さい。

たけさんも何か出音が気に入らないパッシブベースがあれば、先ずはコンデンサーを取外してみてください。
そこから後で、どんなコンデンサーでどんな音に持っていくのかを検討してみたらよいと思います。
楽しいですよ(笑)。
No title
しかし・・・これもなかなかの姿ですね~。次回是非音をお聞かせください!
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム