これまでG&L SB-2の出音を好みのものにする為に色々とやってきています。振動系の要素は勿論あるのですが、やはりPUそのものから気に入った音が出ていないと、そこから先の配線やセッティングをどういじってもダメだと(今更ながら)痛感した私です。じゃあPUをどうしようかな?と考えた時に、これまで68TLBYAMAHA BB-Ltdに取付して、好結果となっていたSeymour DuncanAntiquityシリーズの事を思い出しました。Antiquityならば何とかなるのでは?との期待を込めて入手したのがこちらです。

IMG_0172.jpg Antiquity ⅡPB用PUです。Antiquityシリーズには50~60年代初期のブラックボビンを模したAntiquityと60年中期からのAntiquity Ⅱがあるのですが、今回入手したのはAntiquity Ⅱです。中古だったので、選択肢は無かったです(汗)。SB-2に搭載して気に入らなかったならば、手持ちの他のPBもあるので、「いっちょう、試してしてみるか」と言う軽い気持ちで入手しています。ただし、これで良い音にならなかったならば、SB-2の方は処分です!


IMG_8848.jpg それまで付いていたパワフル&ブーミーなオリジナルPUと交換しました。前回、Dimarzio PUを取付した際に開口部の面取りを行っているので、交換作業はスムースでした。ただ、位相がこれまでのPUとは逆だったので、両PUをフルでミックスするとフェイズされた鼻ツマミ音となりました。これはシールドプレートまで一式で配線されたAntiquity Ⅱ側をイジルのは面倒だったので、リアPUのリード線を反対に接続して処理しています。


 さて、その出音です。アンプから出た最初の1音を聞いただけで、「これこれ、これなんだよね~」との印象でした。あまりボディ鳴りを伴わないこのSB-2のキャラクター故にローがドッカーンとは出ないのですが、タイトで扱い易い出音です。音の立ち上がりの速さは、これまでのダルな印象のPUと全く異なり、右指の動きに直結しています。

IMG_8840.jpg


 フロントPUのAntiquity Ⅱのみで充分に使える音ですが、PBと言うよりもJBのフロントをファットにしたという印象です。それにオリジナルのリアPUをブレンドするとかなりハイが立ってきてよりJB的になってきます。出力的にはリアPUが大きいのでPU高を下げたのですが、それでもフルミックスするとキンキンし過ぎるので、8分目以下の混ぜ具合で充分です。

 ただ、こままでしばらく弾いているとやはりデェフォルトのリアPUとのコンビネーションに違和感が・・(汗)。じゃあ、リアPUも交換だ!(って出来るのでしょうか?)
スポンサーサイト
コメント
No title
たけさん

もしかして、Sのつくブランドでしょうか?

私のAmpeg、調子の良い時は最高の出音なのですが、最近は調子が悪くて・・・。
先日の練習では音が出なくなったので、そろそろ入院です(泣)。
No title
今更って感じで、ちょっと恥ずかしくっていいづらいんですよね(汗)また内緒でメールしますね!F-nieさんのとこのアンペグも最高で、欲しかったんですが、思いとお聞きしたので尻込みしてしまいました。
No title
たけさん

プリとパワーというと本格的ですね。どこのアンプでしょうか?
私も最近ベースアンプヘッドを入手したのですが、×でした(泣)。
No title
おお、本領発揮ですね!では、私も最近の衝動買い話を一つ、最近、アンプセットを買いました。プリとパワーと10インチ4発のキャビ・・・どこで使うんでしょうか・・・家では・・・うるさいですね(汗)
No title
たけさん

リアPUは形状が異なるので、手強そうです(汗)。
No title
おーいい感じですか!
是非リアも♪
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム