G&L SB-2のPUの出音を私の好みに近づける作業を色々とやってきました。前回はフロントPUを別メーカーの物に交換して、出力的には使い易くなったのですが、フロントとリアのPUの音色の混ざり具合が気に入らないという問題点がありました。

 やはり、フロントとリアのPUは同メーカーの同シリーズのものでないとマッチングがよろしくないみたいです。それではと、オリジナルのG&LのフロントPUの出力を下げてリアPUとのバランスがとれないものか検討してみました。FenderのPUの出力を下げる事は出来ないと思いますが、構造が違うこのG&L SB-2のPUはなんとか出来そうです。

 SB-2のPUのポールピースは着磁されておらず、磁石はコイル裏部に取付けられているのですが、これは強固に接着されているのではなくて、磁力でくっ付いているだけだったので、簡単に取外しが出来ました。それならば、このコイルと磁石の間にスペーサーを噛まして、距離を設けるとコイルから見ると磁界から離れていって磁力が弱まる事になります。

IMGP8783.jpg 実際にやってみました。先ずは1mm厚の両面テープを磁石に貼ってスペーサーとしました。これでアンプからの出音をチェックすると、少しは出力が下がっていたのですが、まだまだの様です。


IMGP8786.jpg スペーサー厚を色々と試して、最終的には4mm厚(!)にしました。


IMGP8314.jpg この、手を加えたPUをベース本体に組込みました。磁石がPUキャビティ内に4mm程沈んでいるのは表側からは窺い知れません。アンプからの出音をチェックすると、フロントとリアのPUの出力が同程度となっていて使い易くなっていました。そして音質はフロントがこれまでよりウォームな物へと変わっていて、ギラギラ感が押えられていました。フロントとリアのPUの音質的なマッチングも良さげです。


 ただ、弾き続けていると、そのPUの持つ素性というものは変わらないなという思いが強くなってきました。最初に違和感があるとずっとそれは付きまとって来るみたいです。はっきりと言うと、このPUは私の好みではないのです。かくなる上は最後の手です。私の好みの音がするであろう、アノPUを試してみます。
スポンサーサイト
コメント
No title
たけさん

そうです。私がPUに悩んだ時の駆け込み寺(笑)。
例のブランドのあのシリーズです。
No title
例のあれですか?
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム