ダイレクトロンのコンデンサーを68Telebassに取付けして好結果となったので、他のベースにも試してみました。

IMGP8294]


 Freedomの5弦JBです。色々と細かく調整を行ってきて、振動系は満足な状態なのですが、出音にもう一つ不満な部分がありました。少し“もや”がかかった様な出音なのです。そこでコンデンサーを換えてみたらどうなるだろうと思い、実行しました。

IMGP8275.jpg 先ずはこれまで取付いていたオレンジドロップを取外して、そこにワニ口クリップの付いたリード線を配線しました。これでアンプからの出音を確認しながら、ベース外部でのコンデンサー取換&チェックが可能になります。で、このコンデンサーレスの状態でチェックしてみると、えらくスッキリとした音がアンプから聞こえるではありませんか!


 そうなのです。パッシブのハイカットのトーン回路はPUのホット側の信号をコンデンサーとトーンポットを直列に接続してアース(コールド側)に落としているので、トーンポットがフルテンの時でもその抵抗値(シングルコイルの場合は250kΩ)で制御された電流がコンデンサーを通過しているので、ハイが多少なりともカットされているのです。

IMGP8282.jpg と言うことは、コンデンサーの持つ特性が、トーンポットフルテンの場合にもトーンに影響しているのです。デフォルトで取付けられているオレンジドロップはソフトなトーンの殺し具合なので、前述の“もやっ”とした出音となっていたのでした。


IMGP8277.jpg しかし、コンデンサーレスの状態で試奏を続けていると、今度は少しハイがギラつくのとローB弦が暴れ過ぎる感がしたので、今回の目的のダイレクトロンのコンデンサーを試す事にしました。ワニ口クリップにダイレクトロンを咥えたとたんに、アンプからはえらく収まりの良い音が響いてきました。


IMGP8286.jpg コンデンサーレスの際に目立ったFreedom独自のステンレスフレットの影響を受けたギラついたハイは抑えられて、ニッケルラウンド弦の歯切れさに少し丸みが加えられています。ローB弦は暴れが収まって、フレーズが分かり易くなっていました。これはトーンポットフルテンの状態なので、より丸みを増したければ、ポットを絞れば良い事になります。


IMGP8289.jpg ダイレクトロンのコンデンサーは耐電圧100Vと50Vとの物を入手しているのですが、比較試奏の結果、差は感じられなかったです。PUで発生する電圧は微弱なものなので、耐電圧には関係が無いのでしょう。このFreedomの5弦JBには耐電圧100Vのコンデンサーを取付けました。


IMGP8299.jpg このFreedomの5弦JBは入手以来、細かな調整を続けてきたのですが、今回のコンデンサー交換で完結した感があります。とどめの一発は1個数百円で入手したダイレクトロンのコンデンサーだった!という事になります。あっ、高橋ゲタ夫さんに頂いたサインも有効に機能していますけど・・・(笑)。


 これで、ダイレクトロンのコンデンサーが比較チェックで2連勝(?)となったのですが、これはあくまでベースとのマッチングが良かったという事で、ダイレクトロンが“魔法のコンデンサー”なのではありません。実際、3本目のベースでのチェックではコンデンサーレスの状態が良かったです。今後もワニ口クリップを使って、ベストマッチングのコンデンサーを見つけていこうと考えています。
スポンサーサイト
コメント
No title
nyakkeeeさん

はい、ブログのネタ用(?)に1本イっちゃいました(笑)。
明日(土曜日)のライブに実戦投入します。
あれっ?
...みなさん買ってますね。(笑)
No title
たけさん

このFreedomにはダイレクトロンがドンピシャでマッチングしました。
昨日のバンド練習でも良い音がしていましたよ。

同県内のお店なのですが、車で2時間半掛かるので、行った事はないです(汗)。
行けば、何か掘り出し物が見つかるかもしれませんが・・・。

チェンバードボデーの5弦って何でしょうかね?箱の響きが気になります。
あっ、こちらも新たなベースを入手しました。今週末のライブで試してみます♪
No title
ダイレクトロン買いですね!そういえばこのお店、F-nieさんのお近くなんですね。私もほしーです。
最近チェンバードボデーの5弦を入手しました。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム