28日の夜はジャズバンドのピンクボンゴのライブに行って来ました。会場は私の街から車で1時間半かかる島根県邑南町の矢上交流センターです。この邑南町は中国山脈の中にあって人口1万2千人程の小さな街なのですが、ここでは毎年ジャズのビッグネームがライブを重ねています。町からもライブへの助成金が出ているようで音楽による町興しが図られています。邑南町、恐るべしです!

 さてジャズのライブといえどもピンクボンゴのベーシストは私の敬愛する高橋ゲタ夫さんですし、リーダーは熱帯JAZZ楽団のバリトンサックスプレーヤーの宮本大路さんです。これだけでも熱帯JAZZ楽団のコピーバンドの熱狂楽団TAPASCONをやっている私にとっては見逃すことは出来ないのですが、ピンクボンゴには今年から新メンバーとしてアルトサックスプレイヤーの矢野沙織さんを迎えているというのですから、期待度は更にアップです。

 6名が出掛けた熱狂楽団TAPASCONのメンバーですが、開演に遅れそうな私達のために早く到着したメンバーに最前列(ゲタ夫さんの真ん前)を押さえてもらっていたのでした。

 なんとか演奏開始に間に合った私が先ず驚いたのは、矢野沙織さんのいでたちです。〇〇の女王様風のコスチュームに手には“鞭”を握っています。個性の強いピンクボンゴのこれまでのメンバーにビ・バップの女王矢野沙織さんがどのように混ざるのか心配していたのですが、このいでたちに不安は払拭されたというか、これから一体何が始まるのかと期待は高まります。

 いざステージが始まると、ピンクボンゴの世界に即、引き込まれてしまいました。自称“スクランブル・ミュージック”(ごちゃまぜ音楽)というスタイルの多彩な曲それぞれがジャズを軸にしながらもラテン、歌謡曲、民謡等々のエキスを振りまいていてとても楽しかったです。

 宮本大路さんのバリトンと矢野沙織さんのアルトの2本のサックスもテーマのハモリやソロの掛け合いと有効に絡んでいて、聴き応え充分でした。特にスローバラードでの矢野沙織さんの囁き声の様なビブラートにはやられました。



 さて、私がメインでチェックしていたのは当然の如くベーシスト高橋ゲタ夫さんのプレイです。この日はこれまで何度も観た中で一番動きが大きく軽やかにステップを決めながらのベースプレイでした。Baby Bassを8割がたの曲で弾かれていたのは嬉しかったです。なにしろ最前列で3m前ですから・・・(笑)。アップライト弦を弾くというよりも右手は蝶の様に羽ばたきながら弦をヒットしていく様を凝視していた私です。そして拍の裏で入る指板へのスラップ音はとても心地よかったです。 

 ライブ後にはステージに置かれたベースをチェックしました。携帯の写真なので鮮明でなくて残念なのですが・・・。

mini_111028_2148.jpg         mini_111028_21490001.jpg


 前回と異なり、今回のBaby Bassは白です。ブリッジ辺りは改造されている様で、アルミの駒は木製換えられて、PUも2系統仕込まれている様でシールドが2本延びています。

 エレキベースはお馴染みのVestaxの5弦でした。この2本のベースからの入力をコントロールしていたのは前回と同じくCrewsの3CH MIXER DMA-3でした。ベースアンプはGallien Kruegerの10インチ×2発のコンボでしたが、前回のAmpegの冷蔵庫と比べると生音の迫力に欠けていたのは仕方がないところでしょうか?



mini_111028_22020002.jpg         IMGP7804.jpg


 演奏後のサイン会では持参したFreedom JBのピックガードにゲタ夫さんのサインをいただきました。とりあえずベースにはめて写真を撮りましたが、今後サインが消えないようにフィルムを貼り、永久保存とします。いやはや我ながら“ミーハー”ですね(笑)。



 さて、私のラテンバンド熱狂楽団TAPASCONの秘蔵映像がYouTubeにアップされました。尖閣列島衝突ビデオよりも衝撃的かも・・・(笑)。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム