先日、VooDooのPUに交換した66JB “Candy apple red” を他のJBと比較する為にスタジオに持込みました。

IMGP7272.jpg


 他のJBとは左の61JB、そして右がJBタイプのYAMAHA BB-Ltd.です。張っている弦は全て同じでKen Smithのハーフラウンドです。



IMGP6973.jpg 先ずは61JBから・・・。うーん、やはり良いです。でしゃばり過ぎないローとハイなのですが、押出し感は4弦から1弦まで充分です。

 何が他のベースと違うのかな?といつも考えるのですが、「パーツと組込みが良いから」という模範的そして月並みな回答しか思い浮かびません。

 一般的に認知されているJBの音というものが有るとすると、それよりもイナたくてモコっていると思いますが、私にとってはこれがベースの基準音となっています。




IMGP7248.jpg そして、チェック対象の66JBです。オリジナルPUをVooDooに換えてローが出て来てはいるのですが、先の61JBと比べたらまだまだ腰高のイメージとなります。

 この66JBだけを使ってアンプのEQを追い込んでいくとそこそこの音とはなるのですが、今回の試奏はEQフラットでのものですし、元々出ていないローをEQでブーストしても何か違和感を覚えるものになってしまいます。

 どちらかと言うと、こちらの方が“オーソドックスなJBの音”と呼ばれているものなのかもしれません。




IMGP6977.jpg 最後はこちら、最近DuncanAntiquityにPUを取替してとても気に入った出音となっているYAMAHA BB-Ltd.です。

 他のベースとの比較では、61JBよりも(この日、弦を張替したばかりと言うことを考慮しても)ハイの切れを感じるのですが、腰高という事ではなくてローは61JBと同様のぶっとい沈み加減です。

 この豊かなローの出は66JBを明らかに上回っています。とはいっても嫌味な極低域は出ていないのでとても弾いていて気持ち良いです。




 これまで色んなベースを弾いてきましたが、自分にとってのベストというのは61JBとそのサブとしての位置付けのBB-Ltd.、この2本のようです。2本だ!と断言しないのは、この先の“出会い”を期待しているからなのですが・・・(汗)。

 そして最近は他のベースの情報を見聞きしても心がときめかないのは、この2トップがあるが故の安堵感からでしょうか?
スポンサーサイト
コメント
No title
たけさん

先般たけさんに弾いていただいたベース2本はこのブログでちゃんと紹介しないままです。
自分なりの基準を超えたものしか紹介してはいけない様な気がしていますので・・・。
このブログで今後“新規ベースです!”と紹介できるのがあるのでしょうか?(汗)。
No title
shinmei_tさん

これまで色んなベースを比較して残ったのが今回のものなので、今はとても落ち着いています。
故に、新たなベースを欲しいという気持ちより、今持っている他のベースの音をどうにかしたいという気持ちで、PUやプリアンプを試しているのが近況です。
No title
まあ、これだけいいのがあれば気持ちはわかりますね。いやいや、是非、さらなるお宝を!
No title
ラインアップが固定できるのはいいことですよ!新たな出会いはあるかもしれませんが、とりあえず満足のいく音が出せる楽器が手元にあるってことが大切ですよね。私もここのところ、ほとんど物欲はありません(笑)。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム