PUに悩むというか、結局はベースからの出音が気に入らないという事になるのですが、前回のPBに加えてこちらにも“イマイチ”の印象のベースがあります。66JBです。

IMGP7248_20110904182732.jpg


 ルックスは最高!なのですが、その出音について言えばローが薄いのです。ロー~ローミッドの押出し感に乏しくて、ミッドハイ~ハイの高域はキンッと抜けてきます。4弦がズボッと沈み込むのが好みの私ですが、この66JBはそれ程の沈み感は無くて、5弦ベースに張った4弦を弾く感じです。

IMGP7226.jpg これを解消するにはPUの交換しかないな?との判断でオリジナルのグレーボビンのPUを取外しました。PUカバーを外してコイルの写真を撮りたかったのですが、経年変化でカバーが縮んできつくなっていたので断念しました。PU裏側にはアルミテープを貼ってポールピースをアースに落としています。


IMGP7230.jpg 取替えしたのはVooDoo60’JBです。この前まではYAMAHABB-Ltd.に取付けていたものです。画像は撮らなかったのですが、このPUのコイルは手巻きという事で、とても危うい箇所(コイル巻線が緩んで外側に垂れている)があり交換時の取扱いには細心の注意が必要となります。


IMGP7266_20110904182802.jpg 交換後のアンプからの出音をチェックしました。オリジナルPUよりは腰が低くなった事は確認出来たのですが、以前BB-Ltd.に取付けていた時の印象程には低域が沈みません。ベース本体とのマッチングが考えられるので、今度スタジオに比較となるJBと共に持込んで、大音量でのチェックを行おうと思います。
スポンサーサイト
コメント
No title
たけさん

PUを換えた私のBB-Ltd.は以前持っていたFender custom shop以上のベースになっています。

ところで、BBと言えば昨日楽器店で最新のBB2024を試奏しました。
ルックスはBB2000似で、私がBB2000に感じていたマイナスポイントがことごとく改良されていたのが印象的でした。
ただその反面、普通以上に良いベースではあるものの飛び抜けた個性はなくなっていた様な気がしました。
手持ちのアンプを委託に出す為に店に行っていて、「等価交換でBB2024を持って帰っても良いよ」と楽器店のオーナーに言われたのですが、持ち帰るまでには至りませんでした。

結局は良くなったBB-Ltd.以上の心のときめきをBB2024に対しては感じられなかったと言う事です。
No title
マチャさん

そうですね。
ここんとこの私のBlogをご覧になればお分かりのように、色んなベースに色んなPUを試しているのですが、PUメーカーの資料をチェックして頭に描いたイメージ通りにならない結果も多々あります。
結局はベース本体とPUとのマッチングなのですよね。今更ながらなのですが・・・(汗)
で、これはPUを交換してアンプからの出音を聴かない限り結果が分からないというのが、悩ましいところであり、良い結果となれば嬉しいところなのです。
そんなこんなで私の部品箱には取外したPUで一杯になっているのです(泣)
No title
そうですか、ヤマハBBは良いですからね~
No title
確かにPUを載せるベース本体によって印象がけっこう変わったりしますよね。相性だと思います。
悩みますよね e-350
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム