7月23日(土曜日)は山口県周南市にある“西日本のBluesの聖地”【Boogie House】で行われた『Blues & Rock Night』にThe All Your Love Blues Bandが参加してきました。

IMGP7055.jpg         IMGP7094.jpg




The All Your Love Blues Band with 矢田草吉
IMGP7040.jpg


 先ずは私のバンドThe All Your Love Blues Bandからライブがスタートしました。この日参加出来た4名に久留米の矢田草吉さんを助っ人に加えて、純ブルースフォーメーションでのステージです。

 最近は大所帯のR&Bバンドとしての活動が多いのですが、たまにはこの様なメンバー構成でのライブをやってみるものですね。ギター×2本とトロンボーンの3名のソリストがフロントにいるので、ブルースのソロ回しがとても楽しくて、バックの私もソロの抑揚に呼応したプレイに自然となってしまいます。

 Firebird使いの草吉さんに合わすべく、今回も使用ベースはThunderbirdでした。置きアンプのFB-2プリとメサのキャビの組合せともマッチングは良好でした。



無頼漢
IMGP7073.jpg


 一年半前にこの無頼漢を聴いた時には、ベースのチカくんが酔っ払っててメロメロの演奏だったのですが、今回はしっかりとベースを弾いてくれました。いゃー、良いじゃないですか、このバンド!ファンキーなギターカッティングにタイトなドラムとベースが重なって、とてもグルーヴィーなリズムが心地よかったです。



The Heels
IMGP7093.jpg


 そして、最後はこの日メインバンドThe Heelsです。その名の通り悪人面(?)の3人なのですが、実はみんな腰が低いのです(笑)。ドラムのフジイくんはジョン・ボーナムと同径のセットを叩きまくり、ベースのチヂくんは71年のJBのヘッドでシンバルを叩きます!(実はこのチヂくんから66年の赤JBを譲ってもらっている私です)

 その極悪なリズム体に乗っかかるのが、ここ【Boogie House】のマスター森永セイジさんですから、もうこの世の中に怖いものはありません。普通に思えば極大な音量での演奏なのですが、このトリオではそれがある意味“心地良さ”になっているのは不思議ですね。この日は半数近くが女性のお客さんだったのですが、「この音量でなくては物足りない」という感じで皆さん聴き入られていました。



 この日のライブに誘ってくれたフジイくん、有難うございました。無茶振りでカメラを渡して写真も撮っていただきました。対バンのメンバーの方もお世話になりました。そしてマスターの森永セイジさん、9月は私の地元でのライブをよろしくお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム