72JBのペグを外した際にペグのブッシュも外して磨いたのですが、その磨き終えたブッシュをヘッドに戻す際にプラスティックハンマーで打ち込んでいたら、なにかポロッと外れてしまいました。

 床を見ると1フレットのブロックポジションマークが外れて落ちていました。

2007_0412JB0008.jpg

 指板をくり抜いた穴にポジションマークを落とし込んで接着してあるのですが、接着剤が効かなくなって振動で外れたみたいです。その穴を良く見るとトラスロッドを仕込んだ溝をネックと同材のメイプルで埋め木しているのが分かります。

 この穴を見て以前の苦労を思い出しました。
 以前、所有していた71JBのトラスロッドを締め込み過ぎて折った事があるのですが、その折れた個所がこの画像でいうとポジションマークの穴のナット側の端っこ辺りだったのです。ロッドを折って途方にくれた私でしたが、何とか修理をしたいと思い、多分この辺りだろうとの予想でこのポジションマークを取り外して彫刻刀でこの埋め木廻りを削って見ました。そしてそこに見つけたロッドの固定用の小さいプレートを外して折れたロッドの先端を取り払い、ロッドに残った数筋のネジ切りを頼りに再び固定プレートを取付けて元の位置に戻して、周囲をエポキシで固めてロッドを復旧させる事に成功しました。

 この穴を見て悪夢のようだった当時に一気にタイムスリップした私でしたが(汗)、この72JBにはその様な不安材料は見受けられなかったので、ポジションマークに接着剤を付けて、再びロッドを折る事などない様に祈りながら穴を封印しました(笑)。
スポンサーサイト
コメント
> F-nie さま
わざわざ、ありがとうございます!
なるほど、個体差なのですね。。。
手持ちのベースとピックガード数種類のピックアップフェンスの穴のピッチを測定しました。
結果は110~114mmの間で様々でした。
年式での明らかな差は見受けられなかったので、固体別の誤差と思われます。
私も以前、別途入手したフェンスを取り付けようとしたのですが、ピッチが大き過ぎて、万力で挟んで縮めようとして、メッキにヒビが入ったことがあります。
どちらにせよ、お手持ちのベースに新たに入手されたピックアップフィンスを取り付ける際は、何らかの加工が必要となることを前提とした方が良いと思います。
うれしいです~
すみません、ところで、また教えてください!
私の72~73JBなんですが、ピックアップフェンスを買おうと思うのですが、年代によって穴の位置とか異なるのでしょうか?
たけさん
今、手元のベースのフレットは調子が良くて、擦り合わせの必要がありません(汗)。
その代わり(ではありませんけど・・・)、日曜日にはフレット調整を行う予定なので、完了次第にその模様をUPします。


pechokoriさん
以前持っていた71JBもブロックポジションマークが取れました。今回の72JBは他に3フレットのマークが浮いていたので、修理しました。
接着剤が古いので、劣化して効いていませんね。
いつかフレットのすりあわせの特集をお願いします!
この位置のポジションマークがはずれるケースってよくあるらしいですね。
それにしても折れたロッドの後始末まで自分でやっちゃうんですねぇ・・・恐るべし匠の技!
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム