前回のマグネットシートの様なぼやけた音質ではなくてタイトな出音を狙ってみました。磁石ではなくて、鉄等の磁性体をポールピースに貼り付けて弦との距離を縮める作戦です。これまでの試行錯誤で、なるべく小さな突起物をポールピースに付けた方が、出音がタイトになると考えていたので、ホームセンターで見つけてきたのがこちらです。

IMGP6074.jpg ビスを取り付ける際に緩み止めとして使うスプリングワッシャーです。これを2本のペンチで挟んでバネ部分を平らにしてみました。通常の平ワッシャーも検討してみたのですが、それは厚みが薄すぎたので、1㎜の厚みを持つスプリングワッシャーにしました。


IMGP6058.jpg これをポールピースにくっ付けました。あっ、このワッシャーの材質は鉄のメッキ品です。ステンレスは駄目です。磁性体では無いのでポールピースにくっ付きませんし、弦とポールピース間を縮めた事にはなりません。


 ただし鉄ならばくっ付くとは言え、付き加減は弱いので指で触れても動かない様にワッシャーの穴に極少量の瞬間接着剤を入れています。

 出音は出力UPとタイトさが両方得られた物となっています。特にフロントPUにおいて、4弦が歯切れよくなったのは、都合が良い事です。ただ見た目が今ひとつよろしくありませんね。
スポンサーサイト
コメント
No title
たけさん

色々と、“ちまちま”やっているのにお付き合いしていただき、有難うございます。
次回のエントリーでは究極(?)のアイテムが登場します。
もう少し、お付き合い下さい。
No title
ついにワッシャーまで登場しましたね!
いろんなものが役に立つんですね@@
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム