3月26日(土曜日)は、私のバンドThe All Your Love Blues Bandの今年初のお出掛けライブとなる、山口県岩国市のライブハウス【STUDIO TIME】で行われた“Blues night”に参加してきました。



riki-t & KOGA
DSCF1195.jpg


 車で2時間を掛けて【STUDIO TIME】に到着した時には既にトップバッターのriki-t & Kogaのステージが始まっていました。riki-tさんの軽妙な歌いまわしのBluesにKogaちゃんのスライドがネッタリと絡みます。写真を撮った際は、Flat Boogie Bandクリさんがハープで参加していました。



Blues Work Shop
DSCF1205.jpg


 続いてのBlues Work Shopのステージのトップの曲はなんとサンタナの“哀愁のヨーロッパ”!ギターのナガイさんのPRS風(?)のギターが唸りをあげていました。この日はBlues nightだったのですが、Bluesは1曲のみで、他に色んな曲を愉しませてくれました。“上を向いて歩こう”のBlues Work Shopアレンジ、なかなか良かったです。ベースを弾きながらチンタさんが熱唱していました。



Flat Boogie Band
DSCF1218.jpg


 岩国Blues界の“ドン”くりさん率いるFlat Boogie Bandです。くりさんともう1人のギター&ボーカルのヨッシーの異なる味わいで、1粒で2度美味しいステージでした。

DSCF1230.jpg この日のライブで一番盛り上がったシーンがこちらです。くりさんが岩国の米軍基地でのイベントで知り合って、このライブにお誘いしたのがこの方、スミスさんです。とても引き締まった声でBluesの名曲をメドレーで歌い上げてくれました。“本物”の登場にお店の中は大盛り上がりでした。




The All Your Love Blues Band
DSCF1244.jpg


 “本物”の後にどうやってBluesを歌うの?って思いながら入れ替えセッティングを行った私です(汗)。現在9人編成のThe All Your Love Blues Bandですが、最近メンバーの中で結婚やパパになるなどおめでた続きで、それはそれで嬉しい事なのですが、遠くへのお出掛けライブへの参加が難しくなるという一面もあって、この日はギタートリオ+トランペットの4人編成となりました。

 「よし、それでは!」という事でこの日は初心に帰って、いつものR&Bではなくて、全曲Bluesでステージを通しました。Bluesばかり演るって何年振りでしょうか?といっても不安が有る訳ではなくて、バンド名にBlues Bandと名乗っている様に11年前にバンドを組んだ当時を思い出しながら、とても楽しくステージをこなす事が出来ました(笑)。



 この“Blues night”は偶数月に定期的に行われていて、私達は昨年の8月以来半年振りの参加となったのですが、いつものバンドメンバー、いつものお客さん、そして【STUDIO TIME】のマスター、スタッフの方達の暖かい応対に、ここ【STUDIO TIME】が岩国での私達のホームとなっているのを実感しました。又、次の機会も参加いたします。その際もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
No title
たけさん

やっぱりブルース・ナイトなのでブルース・ナンバーでしょう!(笑)。
トリオでブルースを演るのは、音の隙間も味の一つとして味方に出来て、とても楽しいですよ。
あっ、スィートホームシカゴはレパートリーなのですが、今回は演るのを忘れてました(汗)。
No title
ブルースナンバーばかりですか!
いいですね~。
ジャンプナンバーは盛り上がりますよね♪
スィートホームシカゴとかでヘッドバンキングしたいです!
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム