大荒れの天候となった12日(土曜日)ですが、当地では夜には風雪も収まって、予定していた“にちにち夜ライブ Vol.1”を無事開催する事が出来ました。

DSCF1178.jpg ライブ会場となった日々(にちにち)食堂は倉庫を改造してカフェレストランにしたもので、出入り口は木製ガラス戸の4枚引き違いで、とてもレトロな雰囲気が漂っています。その出入り口を暗幕で覆ってここをステージとしています。


 ライブ開始時間の午後7時半には既に満席状態の多くのお客さんにお越しいただいて、我らThe All Your Love Blues Bandからライブがスタートしました。



The All Your Love Blues Band
DSCF1123_20110213202553.jpg


 地元バンドとは言え、地元でのステージは昨年の5月以来となったThe All Your Love Blues Bandです。このところはお出掛け専門バンドと化して、県外のライブ中心の活動を行っていたのですが、結婚したりパパになったりして長時間家を空けるお出掛けライブに参加し辛くなったメンバーがあり、参加しやすい地元でのライブを増やそうと考慮した初回がこの“にちにち夜ライブ Vol.1”だったのです。この日もメンバー1人が“パパになりそう”で欠席しています。

 久々とは言え、顔馴染みの大勢のお客さんの前での演奏は「やはりホームは良いな」と実感させてくれる楽しいものでした。広島から雪の中をわざわざお越しのファンの方もあり、又先日の新聞でのPR記事を見て来られた他市のお客さんもあって、とても暖かい雰囲気の中でステージをこなす事が出来ました。ありがとうございました。


 
Naomi & ZZ.Riders
DSCF1162.jpg


 次のステージは地元の重鎮バンドNaomi & ZZ.Ridersです。最近ボーカルのナオミちゃんがメンバーに加わって華やかなステージを聴かせてくれました。懐かしさいっぱいの王道Rockの連発に会場は外の寒さを忘れるほどに暑く盛り上がっていました。




DSCF1143.jpg


 店の雰囲気はこんなです。廃材を上手く利用した内装は手作り感に溢れて、裸の白熱電球が暖かさを加えています。食事も美味しくて、お越しになったお客さんは、食べて飲んで聞いての楽しい時間を過ごされた事と思います。

 次回の“にちにち夜ライブ Vol.2”も既に開催が決まっていて、4月3日(日曜日)に地元のボサノヴァバンドのゆっきーくらぶと、私の広島の知合いのチャーリー上田とハッピーアンドブルースの2バンドの出演となります。近付いたら詳しくご案内をいたします。


 
DSCF1104.jpg この日の私のベースアンプは予定通り、MarkbassのコンボアンプMini CMD121Pと増設スピーカーNew York 121の組合せです。ドラムセットと比較するととてもちっちゃいのですが、今回位の会場の大きさでは充分以上の余力あるパワーでした。かなり使えます。設置したのがエントランスの土間タイルの上だったので、不要な床鳴りを伴わずにタイトに響いてくれました。これからこのセットを頻繁に持ち出す事になりそうです。
スポンサーサイト
コメント
No title
aquaさん

土曜日は遠いところ“ご参戦”をありがとうございます。
客席後ろでずっと踊っていただいて、こちらもとても演奏し易かったです。
ステージ後に「タワー・オブ・パワー良いですね。マービン・ゲイ好きです。」とのお話を聞いて更に“嬉し&びっくり”でした。
こんな感じでやっていますので、次回3月のライブにも“ご参戦”下さい。
“参戦”って言葉、良いですね。聞いていただくだけではなくて、いっしょに盛り上がりましょう!


べーさん

いゃー、あの暴風雪では無理でしたね。
広島からお越しのお客さんがいらっしゃったのですが、無事に帰れたのでしょうか?
次回3月の“スタジオでの轟音試奏&ベース診断付きライブ?”にべーさん“参戦”を私も楽しみにしています。
No title
楽しいライブをありがとうございました!初参戦でしたが、Funk/Soul好きにはたまらんかったです!浜田から行った甲斐ありました。また次回も参戦しますね!
今回は残念ながら参戦できなかったんですが、次回は必ず。。

ベース診断(笑)+ライブを楽しみにしています!!
No title
たけさん

新規開拓したハコなのですが、雰囲気もオーナー(女性)の人柄もとても良いです。
レストランという事で音響機材は一切無くて、全て持込したのですが、それが又手作り感が出て良かったと思います。
今後このライブを大事に育てて行きたいと考えています。

Markbassは当初からこのセットでと考えていたのですが、ベースは緑のYAMAHAと61JBのどちらを使おうかと最後まで悩みました。
最終的には単音の太さと、何のストレスも無く弾けるという事でBB-Ltdをチョイスしました。
新たなPUも入手したので、このBB-Ltdが更に良くなるぞと期待大です。
No title
良さげな箱ですね!
マークベースと緑のベースは合いますね!
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム