5弦でメインに使っているFreedom JBですが、先般PUをDuncanに交換して出音は気に入ったものになったのですが、他に少し気になる箇所がありました。

_IGP5211.jpg 1弦のブリッジサドル部をご覧下さい。サドルの高さ調整ネジを緩めてサドルがブリッジプレートに当たっているのですが、これでも私の好みの弦高を言えばまだ高いのです。


 これを解決するには、一旦ブリッジサドル全体が上がる様にネックアングル調整をして、弦高調整シロに余裕を持たせた後で各サドルを調整するしかないです。具体的には二通りの方法があって、一つはネックとポケットの間にシムを挿入するか、もう一つはポケットをスロープに削ってアングルをつけるかです。で、私はシムを挟むというのが生理的に大嫌いですので、やるとしたらポケットをスロープに削る方法となります。

_IGP5215.jpg ネックポケットの長さの約3.6倍の所にブリッジサドルが位置するので、ポケットを0.3mmスロープに削るとサドル部では1.08mm上がる計算になります。今回はブリッジサドルを全体に上げる側にしたいので、ポケットはネックヘッド側を削る事になるのでまだ良いのですが、逆にサドルを下げる側の場合はポケットの奥を深く削る必要があるのでこれは難しいですね。


_IGP5222.jpg 塗装の角が飛ばないようにマスキングするテープを0.3mm程ポケットの底面より下げて貼り、削る目安とします。アルミの平板にサンドペーパーを貼り付けて、慎重に削っていきます。


_IGP5227.jpg カッターの刃を削る為と、ストレートチェックの定規として利用しました。

_IGP5229.jpg ネックポケットに鉛筆で記入されていたデータが8割消えました(汗)。上の加工前の写真は保存しておきます。


_IGP5231.jpg 程好く削れたと思われた時点で、一度ネックを組み付けてみました。1弦のサドルが少しプレートから浮いているのがお分かりでしょう。最初の画像の状態と比較して、各弦のサドルは1mm以上上がっているのですが、1弦は私の好みでより下げたのが、左の画像となります。弦のテンション感を稼ぐには全体にもう少しサドルを上げるのが良いと思われるのですが、ポケットを削る加工は元には戻せないので、とりあえずこの状態で様子を見る事とします。


 ちなみに上の画像を見ると、1弦の弦高がグッと下がっているのがお分かりと思います。これは勿論私の好みのセッティングなのですが、こうしておくとスラップ時に1~2弦間に指が入れ易くなるのです。弦がPUに近付くことにより、1弦のハイポジでも力強い音になるというメリットもあります。
スポンサーサイト
コメント
No title
べーこんさん

ご質問の弦高ですが、このFreedomを測ったら、12フレット上で5弦が2.6mm、1弦が1.6mmでした。
他のベースも(4弦含む)この数値は殆ど同じです。
そしてネックは極ストレートから少し戻して、1と最終フレットを抑えた際に、はがき1枚(0.3mm)の隙間となる様にロッド調整を行っています。
Freedomはステンレスフレットなので、他のベースと比べてフレットノイズが気になっていたのですが、PUを交換したらハイの出が収まったので、他のベースと同様のセッティングが可能となっています。
No title
ちなみにこのフリーダムで弦高どれくらいで弾かれているんですか?私も弦高は低めですが、強めに弾いてハイポジションでカチャカチャ音が気にならないところを限界にしています…もちろん楽器やネックやらで違いますが、ご参考までに教えてください。
No title
nullさん

はい、そうですね。
ご指摘の通り、完璧な平面を望むなら、トリマーや専用冶具を使う腕の良いリペアマンに依頼するのが良いです。
Freedomは100年保証なので対応もしてくれると思います。

ただ、自分にとって一番心地好いネックアングルを作るには自分でやるしかないという思いでやっています。(残念ながらトリマーは持っていません・・・汗。)
No title
その方法だとアングルは付いても平面は出せないでしょう
精神衛生上よろしくないですね
No title
たけさん

自分で弾きやすい状態は自分で作り出さねばという思いで色々とやっています。
ここらで良いという塩梅は(リペアマンを含む)他人には分からないですから・・・。
このネックポケットを削ってのネックアングル調整は、もう何本もやっていますが、セッティングが決まるととても弾きやすくなりますよ。
No title
ああ、私がこれをやったら大事なベースが台無しになってしまうでしょうね・・・いつもながら鮮やかな手際ですね!
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム