Markbassの小型キャビネットの試奏レポです。

_IGP5086.jpg


_IGP5101.jpg 先ずは小さい方からです。6”という小径スピーカーが一つのMicromarkです。今回はお兄さん達の影に隠れてしまっていて分が悪いですね。出音もMarkbassらしいとは言えないですし、オプションのツィーターも不要です・・・。まぁ、ベースアンプ界の中のチョロQ的な存在としておきます。


_IGP5091.jpg 次は12”×1発のNew York 121です。これは前のMicromarkとはうって変わってMarkbassらしさがプンプンと漂ってきます。小型・軽量キャビからは驚くほどのローが放出されます。小音量でもしっかりとローが出るので、こじんまりとしたアンサンブルに最適ですし、逆に大き目の音量でも耐えてくれるので狭いライブハウスでのRockにも使えそうです。実際、私は18人編成のラテンバンドのお出掛け用アンプセットでこのNew York 121をPA無しで使っていました。ツィーターもレベルコントロールが付いているので、絞り気味に使って高音弦のヌケ具合を調整可能です。


_IGP5087.jpg 前述のNew York 121がとても気に入っていたので、同じ12”×1発でも少し大き目の箱を持つTraveler 121Hにそれ以上の好結果を期待して入手したのですが、そうでも無かったです(汗)。サイズ違いのこの2機種のローの出具合は何故か同等なので、持ち運びに少し不利となるTraveler 121Hをわざわざ選択する必要性は私には感じられません。又、このキャビを立てて縦長に使ったら省スペースとなって有効かな?と考えて実行したのですが、とたんにローがペラペラに薄くなったので、この使い方もダメでした。


_IGP5116.jpg ただMarkbassの製品にはこのTraveler 121Hと横幅が同じコンボやキャビが何機種か有るので、左画像の様にスタックする際には収まりが良くて、そういう使い方の際には能力を発揮しそうです。実際、画像の組合せの時にはローからハイまでとてもバランスの良い出音でした。でも私には先日レポした様に、このスタックしたサイズに近いClassic 106キャビが有るので、この組合せで使うことは無いですね。



_IGP5095.jpg 最近入手したのが、こちら10”×2発とヘッドアンプ内蔵のCMD 102Pです。欲というのはどんどん湧き上がるもので(汗)、前述のNew York 121よりもう少し余裕のあるローを求めて、Traveler 121Hをチェックしたのですが期待した程ではなかったので、次は10”×2発となった次第です(汗)。

 この出音は、やはりスピーカーの組合せからイメージ出来る通り中高域の出が強いです。バンドアンサンブルの中でもベースラインがクッキリと聞こえてきます。ただ、前面にバスレフポートが有る事からイメージする程には、ローに元気が無い様に感じられたのですが、これには要因がありました。詳しくは次回に・・・。
スポンサーサイト
コメント
No title
卍くん

MicromarkやMinimarkは、それのみを鳴らすと「ちっちゃなボディで頑張っているな」と好感が持てるのですが、今回の様にひと回り大きいスピーカーとの比較ではやはり物足りなさが浮上してきます。
私の中では、使える最小のキャビはNew York 121となります。

Bi-Shopさん

イヤ、ホントにNew York 121は良いですよ。
練習にもちょっとしたライブにも対応出来る軽量・高音質キャビだと思います。
No title
micromarkは借りた時、良い感じでしたよ♪
PJBのBASS-CUBくらいの力???

かな??


やっぱり12”ですかねぇ♪
No title
こうやってレポを見るとNew York 121の評価は高いですね。
僕も格安の(笑)New York 121をさがしていたのですが、IbanezのPromethean P5110を買ってしまいました
でもこうやって見たらやっぱりイイなぁ…(爆)
No title
bassoyajiさん

残念ながらF1を試した事はないのですが、Markbassはbassoyajiさんのお好みのビンテージベースにもマッチングするアンプと思います。
この度、試奏して使い方がよく分かったのですが、インプットのゲインをピークインジケーターが点灯する直前まで上げると、真空管の雰囲気がググッと押しあがってきます。
逆にインプットゲインを下げ目にすると、ハイエンドベースの出音をクリアーに表現するアンプへと変わります。
とても良く出来たアンプと思います。
私もF1は気になっていますので、どこかで是非とも試してみてください。
No title
マークベースばっかり、すごいですね。気になっているブランドなので、大変参考になりました。ところでヘッドですが、F1というモデルが気になっています。あのサイズで音圧があり、クラシカルなチューブっぽいサウンドのように思ったのですが、このあたりが、他のマークベースヘッドと比べていかがなものでしょうか。ご存じでしたら、お教えください。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム