手持ちのベース2本を手放しました。

DSCF0927.jpg


 右の72JBは、先日こちらで行われたライブの際に広島のプロベーシスト前田順三さんに弾いてもらったところ、気に入られてそのままお持ち帰りになられたのでした。そしてその翌日には「これ、譲ってください」との連絡がありました。私はどちらかと言うと60年代のディープな音色が好みで、この72JBは入手以来あまり弾く機会が無かったのですが、順三さんはこの年代のJBにとても思い入れがある様子で、ライブの際の試奏時から「これ良いですねぇ!」の連発でした。私としても身近な方(そしてプロベーシスト)にこのベースを弾いていただく事を断る理由も無かったので了承してお譲りしました。

 順三さんはチューニング時にはいつもウエスでペグに触る程にベースを丁寧に扱う方なので、末永く可愛がっていただけるものと確信しています。そして順三さんは来年、アコーディオンプレーヤーのバックで全国ツアーへの参加が決まっているそうなので、この72JBを楽しそうにプレイする彼のステージが各地で観られそうです。



 もう1本は左のSugiの5弦NB5です。このベース、大きな期待を抱いて入手はしたのですが、あまり弾きこむ事も無く半年で手放しました。スルーネック構造の為か、音の収まりが良過ぎる感じがしたのです。常に薄くコンプが掛ったような振動系の反応は、いざと言うときにはアンプがオーバーロードする位に“ブリッ”と行きたい私にとって少し物足りなく思えました。この“ブリッ”の感触は既に所有しているFreedomの5弦JBで得られていたので、追加でSugiを持っている必要性が無かったと言う事です。ただSugiはその収まりの良さで、レコーディングがメインの場合はとても良い結果を出してくれるだろうな・・・、とは思っています。
スポンサーサイト
コメント
No title
nyakkeeeさん

私の72JBのマテリアルは60年代のと同じなので、nyakkeeeさんの73JBの様にキャラ違いでこれは是非とも持っておかなければ・・・、というものでは無かったです。
それに他の方ならともかく、プロのベーシストで知り合いですので、今後も近いところにあるというか・・・、将来買い戻すことも可能ですし・・・(笑)。
No title
ワタシは73JBの売却を思い留まってしまいました(苦笑)。ウチのはメイプル(ワンピース)ネックということもあって、そこも60年代モノとの差別化(存在意義アリ)にはなっているんですよね...。(改造品なので高い値もつけられませんし)
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム