マイスタジオにドカッと鎮座している私のAmpegのベースアンプセット、ヘッドがSVT-VR、キャビネットがSVT-810AVですが、最近調子が悪くなってきました。その症状は電源スイッチ投入後しばらくすると“ザザッー”というキャビからのノイズと共に音が小さくなって、最後には音が出なくなるというものです。電源スイッチに接点復活剤を吹いてみたり、バックパネルを外して真空管の接触をチェックしたりした時は、少しの間良くなるのですが、そのうち症状が再発して、このところは音消えの状態が多くなってきました。

_IGP3114.jpg


 これではイカンという事で、修理する事にしたのですが、このヘッドアンプは重量が37kgもあるので、簡単にメーカーに送り返してとはいきません。となれば自分で解決してみようと考え、取り敢えずキャビからバンドメンバーに手伝ってもらって台車の上に降ろしました。

_IGP4890.jpg 先ずはインプットと電源スイッチ関係をチェックする為に、本体からフロントパネルとプリ部を取り外しました。


 プリ部はアルミの押出し成形板がシャーシで、そこに鉄板の蓋をする事によって電磁シールド化を図っています。

_IGP4902.jpg        _IGP4904.jpg


_IGP4897.jpg 蓋を開けて電源・スタンバイスイッチを取り外してチェックしました。導通には問題は無さそうです。隙間から接点復活剤を吹いて、こちらのチェックは終わりです。


 電源投入後しばらくしたら調子が悪くなると言うことで、真空管を疑ってみる事にしました。プリ部には3本の真空管があるのですが、その音が出なくなった際には、チャンネル1も2も同じ様になっているので、どうも個別のチャンネルに分かれているプリの真空管の不具合ではなさそうです。

DSCF0934.jpg 信号の流れで言えば、次は最終のパワー管に行く前段のドライブ管になるので、こちらをチェックしました。バックパネルを外すとアンプシャーシに殆ど埋まって3本の真空管の頭のみが覗いています。これがドライブ管になります。動作しながらチェックしてみると左2つは同じ12AU7管なのですが、一番左の固体が真中のものよりヒーターの点灯具合が弱いように見えます。


DSCF0936.jpg よし、これを取替えてみようと考えて入手したのがこちらです。オリジナルと同メーカー、同品番のElectro-Harmonix社(エレハモ)の12AU7/ECC82です。この際なので2本入手して交換しました。真空管交換なので半田等は不要で挿し込むだけで作業終了です。


 交換後に電源を入れてチェックを行いました。今度はしばらく使っていても音が途絶えたりする事はありません。万が一という事もあるので、パネルを外したままで数回のバンド練習をこなして問題が無くなったのを確認後に元に戻しました。この作業後にはパワー管のバイアス調整も行って益々調子が良くなった私のSVT-VRです。信号が通過するドライブ管を新たにした事で、心なしか音がパリッとした感もあり満足しています。

 今回は真空管2本の代金だけの出費で済んで、ホッと胸を撫で下ろしている私です。将来必要となるであろうパワー管の交換もなんとか自分でやれそうです。あっ、メーカーは「絶対にパックパネルを外して手を入れるな」と注意書きをしているくらいなので、誰にもお勧めはしませんが・・・(笑)。
 

スポンサーサイト
コメント
nyakkeeeさん

本当、将来のパワー管の交換時には幾ら掛かる事やら…(汗)。

私もこのスタジオが有るから、このアンプを持っていられます。

と言うか、このアンプを思いっ切り鳴らしたいので、スタジオを用意したと言うか…(笑)。

このところは、周りに民家の無い空き地が確保出来る地方在住の特権ですね(笑)。楽器屋は無いですが…(汗)。
No title
大事でなくて良かったですね。真空管の数も多いので交換するとなると費用もハンパないですよね(泣)。ampeg全体が機種の入れ替え期なのか、新品が今相当安くなっているようですが、さすがにコレには手を出せません。音は大好きなんですけどね...。(運べないし...)
No title
Bi-Shopさん

フロントパネルのマジックテープがとても強固で外すのに苦労しました(汗)。

SVT-VRのプリ管はGroovetubeで、パワー管はSovtek(ロシア)でした。一応有名どころですね(笑)。
今はSVT-VRも米国製造ではなくて東南アジア(インドネシア?)製造らしいのですが、そうなると管メーカーも変わっているかも?ですね。
No title
たけさん

前回たけさんがお越しの際は8帖の広さだったのですが、今のは14帖ですのでかなり広いですよ。
また次回お越しの際もAmpegでガンガンやってください(笑)。

Thunderbirdの今の出品が私が返品した後になります。
商品説明は私の判断のままです(笑)。今は7万台ですが、最終の明日はもっと行くのではないでしょうか?
No title
おひさしぶりです。
この子はシャーシがゴソっとはずれるんですね、
便利だなぁ…うちの子(SVT-AV) は変にあちこちネジ留めされててメンテもトホホ…です。
しかもオリジナルにエレハモの球入ってるなんて…
うちは初めてあけた時にみた事無いチャイナ管が入ってましたが…(爆)
No title
今度のスタジオは広そうですね~
また、お伺いして楽器談義というかいろいろ教えてほしいです!
そういえばサンダーバードはまた出品になったんですね。F-nieさんの次の方もキャンセルしたのでしょうか。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム