前回のエントリーで、ヘッド折れ補修とリフィニッシュというThunderbirdが“普通に歩む道(汗)”が確認されたこのベースですが、製造年をチェックしてみました。ヘッド裏の先端部にマーキングしてある筈のシリアルナンバーはリフィニッシュの為に塗り潰されていて確認が出来ません。

_IGP4907.jpg という事はキャビティ内のポットをチェックするしかないなと考えて実行しました。左はボリュームポットです。13764○○の刻印が確認出来ます。137はCTS社製を表し、64は1964年製を表します。半田の山に隠れた部分には2桁の数字がある筈で、これはその年の第何週目かという製造週を表します。


_IGP4909.jpg トーンポットには刻印が無くて、ポット本体もボリュームポットとは異なっているので、交換された物と思われます。


 入手時に前オーナーからこのベースはThunderbird 製造初年度の63年製と聞いていたのですが、それを示す根拠は見つからなかったです。63年に製造されたというこのベースが、1年でボリュームポットの交換が必要になったとは考えられ難いので、このThunderbird Ⅱは64年製と推測します。楽器の良し悪しはともあれ、製造初年度モデルというのはビンテージの世界では大きな意味を持つので、64年製だったという事で評価が下がってしまうのはやむを得ないところです。

 その他のパーツでストラップピンやビス類の交換等散見出来たのですが、それは長年使用した為の消耗品と考えて問題とはしなかったのですが、やはり“ヘッド折れ修理・リフィニッシュ・製造年違い”の三点セット(?)は、私として納得が出来るものでは無かったです。

 この前オーナーとは事前の話で、チェックしてみて気に入らなければ返品・返金に対応するとの約束をしていたので、私の以上のチェック内容を報告して返品に対応して頂きました。このオーナーは以前に楽器店の説明のままにこのベースを入手して、ずっと眺めていただけとの事でした。その事は信じるとして、そして次に売却されるとならば、今回の私のチェック内容を伏せての販売はされないとも信じて、此処にこのベースの詳細をエントリーしました。

 それにしても少しの間だったのですが、良い夢を見させていただきました(笑)。
スポンサーサイト
コメント
No title
Yukkoさん

2本目のベースですか!
「すごく弾きやすかった」というのは重要なポイントです。
実際、今の私が一番弾きやすく感じているのは近年のYAMAHAですし・・・。
誰かさんの様にビンテージの泥沼にはまって苦労する(汗)よりも弾きやすいベースをしっかりと弾きこんでいくって大事だと思います。はい、自分に言ってます(笑)。


shinmei_tさん

次にエントリーしますけど、やはり1PUはオールマイティーとはいかなかったです。
お互いに狙うのはノン・リバースのⅣという事で・・・(笑)。
No title
おお♪ Pick Upもレトロな感じですね! でも、63年のものをお探しだったんですね。ちょっと残念...

私事ですが、先月ベースを買っちゃいました。2本目です。
F-nieさんのコレクションと違ってVintageではなく、ただの中古なのですが、すごく弾きやすかったんで買う予定は無かったんですが、買ってきちゃいました。ちょっと、Restoreしてお付き合いしていこうと思っています。
No title
お互い気長に探しましょw。
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム