先日のYAMAHA BB-Ltdの写真のPU部を拡大してみます。

_IGP4772.jpg        _IGP4773.jpg


 お分かりの様に、PUが4弦用から5弦用に換わっていたのでした。何故こんな事になっているのかを以下で説明します。




DSCF5732b.jpg 私はもう一本YAMAHA BB-Ltdを持っていて、こちらは5弦のフレットレスとなります。でもこの5弦ベースは中古で入手時よりリアPUの出力がフロントに比べて弱かった為に、DiMarzioDP549に交換していたのでした。


_IGP4774.jpg こんな状況でしたが、先日ヤフオクでBB-Ltdの5弦用PUが出品されていたのを見かけて、落札→入手しました。入手後にテスターで導通をチェックした後にふと思ったのは、「あれっ、そう言えばBB-Ltdの4弦も入手時には既にBartoliniに換わっていたので(そのBartoliniもPU同士のバランスが悪かったのでSeymour DuncanSJB-1に交換していました)、BB-Ltd本来の音は知らないんだよね~。」という事でした。同じメーカーのPUでも4弦と5弦用では音の味付けは当然異なっていると思うのですが、一度4弦のBB-Ltdに取り付けてみようと考えたのでした。


 先ず取り付けの際に心配になるのはサイズなのですが、計測したところ5弦用PUの外寸はフロントとリアが同寸で、かつ通常のFender JBのリアPUと同寸でした。ということは4弦のBB-LtdのフロントのPUキャビティに収まるかな?だったのですが、トライしたら少しキツメではあったのですが特別な加工無しでなんとか収まりました。リアは全く問題無しで収まっています。

 そして次の心配は、一番上の右画像を見るとお分かりの様に5弦用の10ケのポールピースと4本の弦の配置関係で、音がちゃんと出るの?バランスはどうなの?という事だったのですが、案ずるより産むが易しでバランス的にも問題無しの音がアンプから出て来ました。画像を見ると1・4弦が2・3弦と比べて出力が小さいように思われるのですが、PU~弦の距離は1・4弦が2・3弦よりもPUに近いので大丈夫だったようです。

 その音質はこれまでのSeymour DuncanSJB-1と比べると、とてもクリアーなものでした。弦をハーフラウンドにしているので、そのクリアー感がとても弦とマッチしてローからハイまで澱みなく放出されています。(ラウンド弦だとちょっとビンビンし過ぎると思います)未だ自宅の12インチキャビで小音量でのチェックなのですが、今度のバンド練習でのAmpegの冷蔵庫キャビでの轟音でのチェックが楽しみです。

 という事で、このPUを入手した本来の目的の“BB-Ltd 5弦へのインストール”はしばらく後の事になりそうです(笑)。
スポンサーサイト
コメント
No title
takeさん

>逆はありえませんが(笑)

ありえなさそうなのですが、4弦ベースに5弦を張った事はあります(笑)。
http://fender1961.blog97.fc2.com/blog-entry-48.html
No title
そういったご経緯でしたか(笑)5弦用PUを4弦に取り付けるとは斬新ですね。逆はありえませんが(笑)
コメントの投稿
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム