前日(というか当日)4時迄行なった(驚)という打上げにもかかわらず、7/2の午後は当地のデイサービスセンター【七尾苑】でのボランティア・ライブを行なった“こゆみこ”です。

20070703185519.jpg

 ホールには通所されているお年寄りと近所の方々が大勢集まっていただきました。演奏された童謡に合わせて、お年寄りが口ずさんだ歌声がホール後ろにいた私にも聞こえてきて、少しウルウル状態になりました。後で“こゆみこ”のリーダーの折重由美子さんに聞くと、彼女の前に座っていたお婆さんが涙を出しながら、口ずさまれているのを見て彼女も感無量だったそうです。

 お年寄りにとっては初めてのこのようなLiveだったのでしょうが、この日の選曲は童謡・民謡・歌謡曲等聞き馴染んだものが多く、伝わるものは多かったと感じています。

20070703185530.jpg

 そして驚いた事に、先日の新聞記事をご覧になって、由美子さんのピアノ教室での以前のお弟子さんが、遠路松江から来られていました。お二人は10年ぶりの再会に喜んでおられました。いやー、記事にして頂いて良かったですね(笑)。さっそく知り合いの新聞記者にお礼の一報を入れておきました。

 2日間に渡った当地でのLiveツアーを終了した“こゆみこ”ですが、ツアーはまだ始まったばかりです。こちらでスケジュールをチェックされて、是非ともLiveをご覧になって癒されてください。
スポンサーサイト
コメント
ですね。
ボケ痴呆もダメで認知症ですよね。
フクニイ…
精薄って言葉はダメよぉ。
知的障害が正解デス。
「ふるさと」は、“こゆみこ”も演奏していました。お年寄りには、お馴染みですからね。
少年院でサンタナですか!熱そうですね(笑)。
そうそう、思い出しました。私も精薄の施設で、演奏したことがあります。
その時のバンドは沖縄風味バンドで、アサドヤユンタとか涙そうそうとかやりました。
サービスで「ふるさと」とかお客さんと一緒に歌ったりして(^^♪
たまたまメンバーがそこに勤めてた関係でそこにいったんですけどネ。
あと少年刑務所にも慰問に行ったことあります。
その時はサンタナカバーバンド(^^♪
そうですか、pechokoriさんはこんな慰問(!?)をされた事があるのですか。
でも、お年寄りに聞いてもらう演奏って難しいとおもいますね・・・。
仮にウチのバンドが演奏したとしても、お年寄りは全然癒されないと思います(汗)。
私も何度かこういった介護施設で演奏したことがありますけど、ホントなごむんですよ(^^♪
私が定年退職したら、他の年寄りミュージシャンや若いミュージシャン誘って、近郊の施設をまわってみたいとひそかに考えてます。
あ、もうそんなに遠くない未来だ(笑)
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム